【23社比較】2021年2月最新!WiMAXプロバイダおすすめ4選

WiMAXの「WX06」機種の評判【W06と比較して違いは?どっちを選ぶべき?】

サル
サル
WiMAXを契約したい!モバイルルーターではどの機種がいいんだろう?
やっぱり、最新機種のWX06が一番速いのかな?

WiMAXモバイルルーターの最新機種は「Speed Wi-Fi NEXT WX06」です。

2.4GHz帯・5GHz帯の同時利用が可能、QRコードで簡単にWi-Fi接続可能など、多くの便利な機能が搭載された端末です。

ただし、下りの最大速度に関しては旧端末の「W06」の方が速いという特徴もあります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここでは、「WX06」の端末スペックや特徴、利用者の口コミから旧機種「W06」との速度比較をしていきます。
この記事で分かること
  • 「WX06」のスペックと特徴・評判
  • 最新機種「WX06」と旧機種「W06」の比較
  • WiMAXルーター「WX06」に関する疑問と回答
  • W06の端末を無料で利用できるプロバイダ

WiMAXの「WX06」機種のスペック・特徴と評判レビュー

ここでは、WiMAXルーターWX06の端末スペックや特徴、実際の利用者の口コミを見てみます。

まずはWX06の端末スペックを見てみましょう。

スペック項目 詳細
端末名称 Speed Wi-Fi NEXT WX06
最大速度 下り440Mbps
上り75Mbps
利用回線 WiMAX 2+/au 4G LTE
バッテリー持ち時間 通常:約11.5時間
速度優先:約8.1時間
バッテリー優先:約14時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大接続台数 16台
ライムグリーン
クラウドホワイト
大きさ 約111×62×13.3mm
重量 約127g
メーカー NEC

スペック表を見ると、以下のことがわかります。

「WX06」の下りの最大速度は440Mbpsであり、下り最大1.2Gbpsが出る旧端末「W06」よりは劣る

「WX06」のバッテリー持ち時間は通常モードで11.5時間であり、通常モードで7時間強の旧端末「W06」よりも長い

ここから、WX06に搭載されている機能についてさらに詳しく紹介していきます。

特徴①2.4GHz帯・5GHz帯の同時利用で快適に通信可能(16台同時利用OK)

WiMAXルーター「WX06」では、Wi-Fiで利用される2つの周波数帯2.4Ghzと5GHzを同時に利用することができます

2つの周波数の違いと特徴を簡単にまとめると、以下の表のようになります。

周波数帯 特徴
2.4Ghz
  • 電波が遠くまで届きやすい
  • 壁や床などの障害物に強い
  • 電子レンジなど他の家電が出す電波と干渉しやすい
5Ghz
  • 壁や床などの障害物に弱い
  • 遠くまで電波を飛ばしにくい
  • 他の家電による電波干渉が少ない

これまでのモバイルルーターでは、2つの周波数帯のうち、環境によって利用したい方を手動で選択して接続する必要がありました

例えば、電子機器の近くで2.4Ghzにて利用していて繋がりにくい場合には5Ghzに接続し直す、ルーターと端末を別の部屋で繋ぎたい場合には2.4Ghzから5Ghzに接続し直す…というようにです。

しかし、「WX06」には「バンドステアリング」という機能が搭載されているため、このような手動での選択の必要がなくなりました。

「バンドステアリング」とは・・・

定期的に周囲の電波環境を判断して、2つの周波数のうち、自動で最適な周波数を選択しながら接続してくれる機能です。
常に混雑していない周波数帯を自動で選んで接続されるため、面倒な周波数帯の変更設定をせずに、いつでも高速で安定したWi-Fi通信を行うことができるようになっています。

また、「WX06」は2.4Ghz、5Ghzの2つの周波数帯が使えるだけでなく、最大接続台数も16台と多いことが特徴です。

ひとつ前のモデル「WX05」での最大接続台数は、10台だったので大幅に増加していることがわかりますね。

パソコンとスマホとゲーム機など複数機器を同時につなげて利用したい、家族でWi-Fiを共有したいという場合にも、十分対応できます。

特徴②QRコードで簡単にWi-Fi接続が可能

WiMAXルーター「WX06」では、画面にQRコードを表示する機能が搭載されています

iOS/iPadOS/Android端末とWi-Fi接続するには、標準カメラを使って端末本体に表示したQRコードを読み取るだけで簡単にWi-Fi接続できます

なお、QRコードは以下の方法で手軽に端末ディスプレイに表示されます。

  1. 端末画面を左にスライドする
  2. 「設定」→「かんたん無線」→「らくらくQR」の順にタップする
  3. 注意事項確認「はい」をタップする

これで、画面に接続QRコードが表示されます。

Wi-Fiをシェアしたい際なども、パスワードの入力の面倒な手間なくすぐに接続できて便利ですね。

特徴③データ通信量が一目で分かるので3日で3GB制限に気付きやすい

引用:uqwimax.jp

WiMAXルーター「WX06」のホーム画面では、直近3日間の「日次データ通信量」とハイスピードプラスエリアモードでの「月次データ通信量」を数字とグラフで同時に表示されます。

上の画像を見ても分かる通り、グラフ表示もあり一目でデータ使用量を把握できます

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXは、3日間で10GB以上データ容量を使うと、翌日の18時頃~翌2時頃に通信制限がかかります。
しかし、このように簡単にデータ容量をチェックできると、気づかないうちに使いすぎてしまったということを防げます。

特徴④クレードルで弱い電波の場所がより快適に

引用:uqwimax.jp

クレードルとは・・・

充電をしながら、Wi-Fiの電波を拡張をしてくれる機器です。
「WX06」では、別売のクレードルを利用するとWiMAX 2+アンテナが4本に拡張されます。

クレードルに設置した際の電波が弱い場所での通信速度を見てみると、クレードル無しの時と比べ約60%も向上するようです。

外出先だけでなく、自宅内でもWi-Fiを利用したいという人はぜひ利用したいですね。

さらに、クレードルを利用すると電波を強くするだけでなく、以下のメリットを得られます。

  • 有線LAN接続が可能となる
  • 固定回線などを無線化できる

例えば、少し古い無線接続機能のついていないパソコン端末なども、クレードルを利用することで有線接続することができます

WX06のクレードルにはUSBポートがついているため、クレードルにWiMAXを設置して、LANポートとパソコンのLANポートをLANケーブルでつなぐことにより、WiMAX回線でのインターネット利用ができるようになるのです。

さらに、自宅にインターネット回線を引いている場合には、LANケーブルをクレードルに挿すだけで、WiMAXを無線LANアクセスポイントにすることも可能です。

なお、WX06のクレードルの販売価格は3,980円となっています。

特徴⑤バッテリー(電池)の持ちが長い

WiMAXルーターWX06は、旧機種W06に比べてバッテリー持ち時間が長くなっていることが特徴です。

WX06とW06の具体的なバッテリー持ち時間を比較してみましょう。

端末名称 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
通常モード 11時間30分 7時間10分
バッテリー持ち優先モード 14時間 11時間40分

通信速度とバッテリーのバランスをとった「通常モード」、バッテリー持ちを優先させたモード、どちらを見ても、WX06の方が3時間程度、持ち時間が長くなっています

充電をするのが面倒、外出先で1日中利用したいという人には嬉しいポイントです。

新機種WX06の評判

ここでは、WiMAXの「WX06」を利用している人や購入検討している人の口コミを見てみましょう。

主に、以下の2つのタイプの人の口コミを見てみます。

  • 「WX06」ユーザーの口コミ
  • 「WX06」と「W06」で購入を迷っている人の口コミ

まずは、実際に「WX06」を利用中の人の口コミです。


WX06の大きな特徴、2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を使えることにメリットを感じていますね。

ホーム画面で3日間の「日次データ通信量」がチェックできるのは、やはり非常に便利そうです。

QRコードで簡単にWi-Fi接続できることから、カフェなどでも取り入れられています。

「WX05」と「WX06」の速度比較をした人の口コミです。
5回の速度測定で、ほぼ毎回、WX06の方が速度が10Mbps以上速くなっていることがわかります。

次は、前機種の「W06」と「WX06」で購入検討している人の声も見てみましょう。

「WX06」は旧機種「W06」より通信時間が3時間ほど長くなっているものの、最大速度を比較してより速い「W06」を選択する人もいます。

一方で、最大速度よりも、バッテリー持ちの長さを優先したいから最新機種のWX06を選ぶという人もいます。

あくまで最大速度は理論値であるため、クレードルを使えばそこまで差は出ないと想定し、WX06の選択を考えているようです。

実際の「WX06」の利用者の口コミを見ると、以下の点に関する高評価が見られました。

  • 2.4GHzと5GHzを使える
  • ホーム画面でデータ通信量を確認できる
  • QRコードで簡単に接続できる
サル
サル
でも、旧機種の「W06」と比較して、最大速度の大きさやバッテリー持ちの長さから、どっちを買うかについては意見がわかれていたよ。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そうだね。それじゃあ次は、旧機種「W06」と最新端末「WX06」とのスペックを詳しく比較してみよう!

WiMAXの最新「WX06」と旧機種「W06」の違いを比較!どっちを買うべき?

ここでは、最新「WX06」と旧機種「W06」のスペックを比較してみます。

端末名称 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
外観
通信時間(バッテリー) 通常:約11時間30分
電池優先:約14時間
通常:約7時間10分
電池優先:約11時間40分
連続待受時間 700時間 800時間
下り最大速度 440Mbps 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
メーカー NEC ファーウェイ・ジャパン
重さ 約127g 約125g
ライムグリーン
クラウドホワイト
ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー

引用:uqwimax.jp

表を見ると、バッテリーの持ち時間と最大速度に差があることが見て取れます。

上りの速度は75Mbpsで差異はありませんが、下りの最大速度はWX06が「440Mbps」、W06が「1,237Mbps」と大きな差があることが気になりますね。

以下で「W06」の端末スペックや特徴についてよりくわしく解説していきます。

W06がおすすめ!WX06は速度が遅い

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
結論をはじめにまとめると、下の2つの理由から最新機種の「WX06」よりも旧機種「W06」を選ぶことをおすすめします
  • 下りの最大速度がWX06よりも速い
  • 電波を受送信する性能が高い

上の表でも見た通り、最新機種WX06と旧機種W06の大きな違いは、下りの最大速度です。

サル
サル
やっぱりWiMAXは通信速度を最も重視して選びたいなあ

「W06」は、旧機種ではありますが、下り最大速度「1.2Gbps」、Wi-Fi接続時でも「867Mbps」と、「WX06」の2倍以上の速度が出ます

下り最大「1.2Gbps」であれば、下り1Gbpsが標準的な光回線サービスを上回る速度を期待できると言ってもいいですね。

ただし、下り「1.2Gbps」は以下の条件を満たした時の最大速度となります。

  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアでの利用
  • ハイスピードプラスエリアモードかつハイパフォーマンスモードをオンにする
  • 4×4MIMO設定オンにする
  • 別売のUSB3.0以上対応のType-Cケーブルの利用

LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードでの最大速度が1.2Gbpsですが、WiMAX2+回線利用時でも下り最大558Mbpsと、同条件で下り最大440Mbpsの「WX06」を上回る下り最大速度となっています。

さらに、下り最大1.2Gbpsの対象エリアは今後も拡大予定とされています。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
もちろん、最大速度はあくまで「ベストエフォート方式」に基づくもので、技術規格上の最大値を表すものだから、実使用速度はこれよりも遅くなります。
とはいえ、最大速度が少しでも大きい方が高速で利用できる確率は高くなっています。

インターネット回線を選ぶ時、最優先したい項目はやっぱり通信速度という人が大半なのではないでしょうか。

充電時間がいくら長くても、スムーズにインターネット利用をできなければあまり意味がありませんね。

最大速度が大きく、より高速通信が期待できるため最新機種「WX06」よりも「W06」の選択をおすすめします

加えて、「W06」は、以下の2つの機能が搭載されており、WiMAX基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が非常に高いという特徴があります。

  • 高性能ハイモードアンテナ
  • TXビームフォーミング

「高性能ハイモードアンテナ」とは・・・

Huawei社の高性能アンテナです。
高性能ハイモードアンテナを使うことで、WiMAX2+の電波を前機種よりも受信しやすくなっています。

「TXビームフォーミング」とは・・・

スマートフォンなどの端末の位置を検知し、集中して電波を送信することで、Wi-Fi電波が弱い場所での通信を安定させる技術です。
TXビームフォーミングが搭載されていることにより、旧機種「W05」に比べ受信速度が約20%も向上しています。

下りの最大速度が大きいことに加え、基地局からの電波受信、端末への電波送信とも快適に行えるような2つの機能が搭載されているのです

高速かつ安定したインターネットの利用が期待できますね。

そのため、「どうしてもバッテリー持ちを優先させたい」「絶対に最新機種を使いたい」という人以外は、最新機種「WX06」ではなく、「W06」の選択をおすすめします。

WiMAXルーター「WX06」に関するQ&A

ここでは、WiMAXルーター「WX06」の購入を検討している人からよく寄せられる質問について、回答していきます。

「WX06」の発売日はいつ?

2020年1月30日です。

WiMAXの各プロバイダや家電量販店、オンラインストアなどにて購入可能です。

UQモバイル公式サイトでのWX06の端末販売価格は15,000円となっています。

ちなみに、旧端末「W06」の販売価格も、同額の15,000円です。

ただし、申し込みプロバイダによっては端末代を無料で利用することもできます

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
端末代が無料になるプロバイダは、本記事末の「W06の端末料金はプロバイダによっては無料」でくわしく紹介しています

ケースは他機種と兼用できる?

端末を収納するのみであれば、兼用できます。

「WX06」の大きさは、「WX05」と全く同じです。

「W05」や「W06」に比べると幅と奥行きがそれぞれ20mm弱、狭くなっています。

旧機種よりもひとまわり小さいため、上記「W05」や「W06」など他機種のケースであっても収納可能です。

ただし、ディスプレイの位置や大きさなどは他機種と異なるため、保護フィルム付きのケースや、取り出すことなく画面確認ができるようなケースを使いたい場合には、「W06」専用ケースを購入しましょう。

充電器、ACアダプタは付いてくる?

充電器やACアダプタは付属されません。

ただし、「USB 2.0 TypeC-A」変換ケーブルは付属されます。

そのため、パソコンやスマホなどの充電器と添付のUSBケーブル(Type-C)を接続することにより充電できます

自宅にパソコンやスマホなどの充電器があるのであれば、必ずしも専用の充電器を購入しなければならないというわけではありません。

ちなみに、WX06の電池の残量は、以下の方法で確認ができます。

  1. ディスプレイを右にスライドする
  2. 「情報」→「端末情報」をタップする
  3. 「V」でスクロールし「電池残量」をタップする

また、電池残量が 5%以下になった場合には「充電してください」とディスプレイに表示されます。

「WX06」の不具合はある?

不具合は、ゼロではないようです。

もしも不具合が生じた際には、以下の対処方法を上から順に試してみましょう。

  1. ルーターとスマートフォン/タブレットなどの機器をそれぞれ再起動する
  2. 機器との接続を切断し、接続し直す
  3. 別の機器と接続できるか確認する(特定の機器と接続できない場合は機器側の問題、全ての機器と接続できない場合はルーターに問題ある可能性が高い)
  4. Wi-Fiの周波数を変更する(2.4GHz⇔5GHz)
  5. 本体メニュー「設定」→「LAN側設定」→「Wi-Fi暗号化強化」のチェックを外す
    SIMカードの抜き差しをする
  6. リセットする(ホーム画面 [ 設定 ] → [ > ] →[ メンテナンス ] → [ 初期化 ] →[ はい ] をタップ)

また、WiMAX回線に通信障害が生じている場合やメンテナンスを行なっている場合にも、繋がらなくなることがあります

通信障害の情報については、UQモバイルの公式サイト「障害情報」ページにて確認が可能です。

通信障害でもなく、上記の方法を試しても改善しない場合には、申込先のプロバイダ、もしくは以下の「UQお客様センター」に問い合わせてみましょう。

電話番号:0120-929-818
営業時間:9:00-21:00(年中無休)

W06の端末料金はプロバイダによっては無料

上でも紹介しましたが、UQモバイルでの「W06」の端末販売価格は15,000円となっています。

ただし、プロバイダ(申し込み窓口)によっては、キャンペーンを適用し端末代を無料にすることもできます

以下の表は、人気のWiMAXプロバイダ7社を取り上げ、月額料金と3年間の総額、端末料金について比較したものです。

ちなみに、表内の月額基本料金は全てギガ放題プランを選択し、「ハイスピードプラスエリアモード」というLTE回線接続のオプション込みで契約した場合の料金となっています。

プロバイダ 月額料金 3年総額 端末料金 その他キャンペーン
Broad WiMAX 1~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
128,626円 0円 初期費用無料
他社違約金最大19,000円負担
GMOとくとくBB 1~2か月目:2,690円
3~24か月目:3,344円
25か月目以降:4,263円
130,104円 0円 最大26,200円キャッシュバック
UQ WiMAX 4,385円
(LTEオプション込)
157,860円 15,000円 なし
So-net 初月:3000円
1~12か月目:3,380円
13~36か月目:4,379円
37か月目以降:4,379円
145,656円 0円 なし
BIGLOBE 4,985円
(LTEオプション込)
138,472円 15,000円 申し込み手数料無料
カシモWiMAX 1,2ヵ月目:1,380円
3〜24ヵ月目3,580円
25ヵ月目以降4,079円
130,468円 0円 なし
ASAHIネット 1〜3ヵ月目:0円
4〜36ヵ月目:4,290円
154,440円 0円 3年以上利用の場合37カ月目以降500円割引

表を見ると、月額料金も3年間の総額もプロバイダによって大きく違うことがわかります。

WiMAXのプロバイダによる違い

  • 提供される機器・速度・利用可能エリアは同じ
  • 月額料金・受けられるキャンペーン・継続契約期間は異なる

月額料金は表に記載されているように、申し込み窓口により様々です。

利用月数に応じて月額料金が変動する料金体系をとるプロバイダが多いことが特徴的ですね。

また、UQ WiMAXと、BIGLOBE以外のプロバイダでは「ハイスピードプラスエリアモード」というオプションサービスの利用料金が、月額の基本料金に含まれています。

ハイスピードプラスエリアモードとは・・・

WiMAX 2+と4G au LTEを使って通信する動作モードのことです。WiMAX 2+とLTEの2つの回線を使うことで、通信範囲の拡大や通信速度の安定につながります。
例えば、WiMAXの電波が届きにくい山奥や田舎、建物の中、地下などでは4G au LTE回線を利用することで、場所を選ばずに快適なインターネット利用が可能となります。

ハイスピードプラスエリアモードの利用は月に7GBまでと制限が設けられていることも覚えておきましょう。

ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えて利用すると、通常のWiMAX回線(ハイスピードモード)に切り替えても最大通信速度は128kbpsにまで通信制限がかかってしまうため、注意が必要です。

ギガ放題プランで利用していた場合であっても、同様に制限がかかります。

受けられるキャンペーンについては、端末代が0円になること以外にも、各プロバイダが独自のものを多く展開していることがわかりますね。

継続契約期間については、BIGLOBEのみ1年間の継続契約を、他社プロバイダは3年間の継続利用を前提としています

更新月以外の解約では、利用月数に応じて違約金が発生してしまうため、申し込み前には合わせてよく確認しておきましょう

なお、違約金額はプロバイダや利用月数によって異なりますが、10,000円〜20,000円前後に設定されていることが多いです。

ここまで見てきた通り、WiMAXはどのプロバイダを利用して申し込んでも、サービス内容や最大速度、提供エリアに差ありません

そのため、プロバイダに強いこだわりがない場合には、なるべく月額料金が安く、端末代金の無料キャンペーンを行っているプロバイダからの申し込みをおすすめします。

本記事を参考にしながら、お得に申し込める自分にあったプロバイダを選んでみてください。

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。

 

RELATED POST