WiMAX

WiMAX「W06」の全て【他機種と比較したデメリットまで徹底解説】

サル
サル
  • Speed Wi-Fi NEXT W06ってどんなWiMAXモバイルルーターなの?
  • 他機種と比べたときの特長やデメリットは?

2019年に発売したSpeed Wi-Fi NEXT W06はWiMAXモバイルルーターのなかでもトップクラスの通信速度で、2020年7月時点でも人気のモバイルルーターです。

実際に、W06と他機種のスペックや特長を比べると、違いは一目瞭然となっています。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここではSpeed Wi-Fi NEXT W06のスペックやメリット、他機種との比較を表にして解説するよ。
この記事で分かること
  • Speed Wi-Fi NEXT W06のスペックとメリット
  • Speed Wi-Fi NEXT W06と他機種のスペックと違い
  • Speed Wi-Fi NEXT W06に関する疑問点への回答

WiMAX「W06」の基本スペック

w06端末画像

引用:uqwimax.jp

スペック項目 詳細
端末名称 Speed Wi-Fi NEXT W06
下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
上り最大速度 75Mbps
連続通信時間 約540分
連続待受時間 約800時間
最大接続可能数 Wi-Fi:16台
Bluetooth接続 ×
USBポート USB3.0コネクタ(Type-C)
充電時間 約140分
画面サイズ 約2.4インチ
重量 約125g
発売日 2019/01/25
メーカー HUAWEI

Speed Wi-Fi NEXT W06は2019年1月にHUAWEIから発売された、Wシリーズのモデルになります。

持ち運びのしやすいサイズ感となっており、出張や外出先でインターネットを使いたい方にピッタリなアイテムです。

最大の特徴はWiMAXモバイルルーターでありながら下りの最大速度がギガビット級となっていることです。条件が揃えば、光回線並の速度が出ます。

連続通信時間は540分と長く、フル充電がされているなら1日中外で使い続けていてもバッテリー切れは起こしにくくなっています。

最大接続台数が前モデルの10台から16台に増えているのもポイントで、複数の端末を繋げるホームルーターとしても利用できます。

従来のモデルに比べて通信速度が圧倒的に速く、接続台数が増えるなどバージョンアップしたW06ですが、前モデルまでにあったBluetooth接続が対応していないのは不満点です。

WiMAX「W06」のメリット

この項目ではSpeed Wi-Fi NEXT W06の7つのメリットについて解説します。

  • メリット①通信速度が他のポケットWiFiと比べて格段に早い
  • メリット②USBケーブルの使用で光回線並の1.2Gbpsまで出る
  • メリット③高性能ハイモードアンテナ・TXビームフォーミングで通信が安定
  • メリット④持ち運びに適したデザイン
  • メリット⑤上り速度向上でSNSのアップロードも早い
  • メリット⑥LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)にも対応
  • メリット⑦スマホアプリで簡単設定

それぞれどのようなメリットなのか、しっかりと確認しましょう。

メリット①通信速度が他のポケットWiFiと比べて格段に早い

W06はWiMAXモバイルルーターでは初めて下り最大速度がギガビット(Gbps)を越えたモデルになります。

MbpsとGbpsとは…
MbpsとGbpsは1秒あたりに送信できる通信データ容量の単位です。最小単位は1bpsで、1Kbps=1000bps、1Mbps=1000Kbps、1Gbps=1000Mbpsと単位が変わるごとに1000倍ずつ増えていきます。
一般的なポケットWi-Fiルーターの下り速度は440Mbbs~900Mbpsとなっています。

下りの通信速度が速いほど、YouTubeなどの動画視聴やオンラインゲームの画質が安定します下記の表はYouTubeで動画を視聴する際に推奨される下り速度になります。

動画の解像度 推奨される下り速度
SD 360p 0.7 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
HD 1080p 5 Mbps
4K 20Mbps

W06は無線接続(Wi-Fi接続)時の下り最大速度が867Mbpsのため、4K画質の動画を視聴するのになんら問題ない通信速度が出ます

つまり、W06は外出先や出張先で、高画質な動画や容量の多いデータファイルなどの大容量コンテンツを快適に利用できるWiMAXモバイルルーターになります。

メリット②USBケーブルの使用で光回線並の1.2Gbpsまで出る

W06はスマートフォンやタブレット、パソコンなどの通信端末との接続方法が、Wi-Fiを用いた無線接続か、USBケーブルを用いた有線接続の2種類があります。

WiMAXモバイルルーターと通信端末を有線接続した際は、下り最大速度が1,237Mbpsと、光回線波の通信速度が出ます。

W06 WX06 W05 WX05
下り最大速度 1,237Mbps 440 Mbps 758 Mbps 440 Mbps
発売日 2019/01/25 2020/01/30 2018/01/19 2018/11/08

発売日の近いWiMAXモバイルルーターと比較しても、通信速度が飛びぬけて速いのが分かります。

WiMAXのルーターには持ち運びのしやすいモバイルルーターのほかに、自宅に置いて使用するホームルータータイプもあります。

同じHUAWEIから発売されたSpeed Wi-Fi HOME L02も下り最大速度が1,237Mbpsとなっていますが、この下り最大速度は基地局からルーターまでの速度となっています。

ルーターから有線接続した通信端末までの下り最大速度は1,000Mbpsとなっており、無線接続した場合の下り最大速度は558 Mbpsとなります。

つまり、W06はWiMAXホームルーターも含めて、トップクラスに通信速度の速いルーターだといえます。

メリット③高性能ハイモードアンテナ・TXビームフォーミングで通信が安定

W06は通信速度が速いだけの端末ではありません。本体に内蔵している高性能ハイモードアンテナTXビームフォーミングによって安定した通信を行えています。

高性能ハイモードアンテナとは…
HUAWEI製の高性能アンテナ。基地局からの電波の受信感度が旧モデルに比べて20%も向上している。

TXビームフォーミングとは…
スマートフォンやタブレットなどの接続している通信端末の位置を検知し、集中して電波を送信する機能。遮蔽物や障害物が多くて電波が弱い場所でも通信が安定しやすいです。

これらの機能があることで、W06はインターネットを安定して快適に利用することが可能となっています。

ただし、TXビームフォーミングは接続機器がTXビームフォーミング対応機器でないと効果が発揮しません。

下記のリストは2020年7月時点でTXビームフォーミング対応のスマートフォンになります。

  • iPhone6以降のiPhoneシリーズ
  • au GALAXY Note 3 SCL22以降のGalaxyシリーズ
  • Xperia X Performance SOV33以降のXperiaシリーズ
  • AQUOS SERIE SHV32以降のAQUOSシリーズ

基本的に最新のスマートフォンやタブレットにはTXビームフォーミングが対応しています。ですが、万が一ということもあるため説明書や仕様書で確認はしておきましょう。

メリット④持ち運びに適したデザイン

W06の外形寸法は横幅128mm、縦幅64mm、厚さ11.9mmとなっています。

一般的なスマートフォンよりもややコンパクトなサイズとなっており、鞄やスーツケースなどに入れやすいデザインとなっています。

特に薄さはほかのWiMAXモバイルルーターと比べてもかなり薄いモデルとなっています。

W06 WX06 W05 WX05
サイズ(W×H×D)mm 128×64×11.9 111×62×13.3 130×55×12.6 111×62×13.3
発売日 2019/01/25 2020/01/30 2018/01/19 2018/11/08


発売日の近いWiMAXモバイルルーターと比較してみると分かりますが、W06は最も薄いWiMAXモバイルルーターとなっています。

メリット⑤上り速度向上でSNSのアップロードも速い

通信速度には下り速度と上り速度の2種類があります。この違いは、通信の方向を示しており、下り速度はダウンロード、上り速度はアップロードを意味します。

上り速度(アップロード) 下り速度(ダウンロード)
通信の方向 インターネット上にデータを送る通信 インターネットからデータを受け取る通信
関係のある動作 メールや動画などを送るときの動作 メールや動画などを受け取るときの動作
通信速度が与える影響 上り速度が速いと、データを送る時間が短くなる 下り速度が速いと、データを受け取る時間が短くなる

WiMAXモバイルルーターが登場した頃は、上り速度は30Mbps程度しかありませんでしたが、新しいモデルが登場する度に向上していき、W06では搭乗時に比べて2.5倍の75Mbpsも出るようになっています。

一般的にSNS(TwitterやLINE)などに動画を投稿したりデータファイルをアップロードするのに必要な上り速度は10Mbpsだと言われており、W06ならサクサクとアップロードすることが可能です。

メリット⑥LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)にも対応

WiMAXモバイルルーターにはWiMAX2+とau 4G LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)の2種類があります。

ハイスピードプラスエリアモードとは…
通常のWiMAX2+回線(ハイスピードモード)とは別の回線を指す。 auの4G LTE回線を使用しており、WiMAX2+が苦手とする山間部などをカバーしており、帯域も違うため通信回線が安定しやすいなどのメリットがある。

WiMAX2+回線は、時間帯や場所によって通信が遅くなったり、混雑している場合があります。そんな時にハイスピードプラスエリアモードに接続すると、通信が安定して快適になる可能性があります。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードには2つのデメリットがあります。

  • 有料オプションのため追加料金が発生する
  • 月間7GBの制限があり、制限を超えると通信速度が128Kbpsまで下がる

ハイスピードプラスエリアモードはオプション契約のため、月額1,008円が加算されます。これは日割りにならないため、1日しか利用していなくても料金は変わりません。

また、ギガ放題プランに加入していても、月間での通信データ容量に制限があり、7GBを越えてしまうと通信制限がかかります。

通信制限はWiMAX2+回線に戻してもかかってしまい、月末まで解除されません。

デメリットが大きすぎるため、ハイスピードプラスエリアモードを使う際には速度制限にならないように気を付けましょう。

メリット⑦スマホアプリで簡単設定

W06はHUAWEI HiLinkというスマートフォンアプリから簡単に設定することが可能です。ダウンロードは無料で、iOS版とAndroid版が用意されています。

HUAWEI HiLinkでは下記の設定や操作ができます。

  • 通信モードの切り替え(ハイスピードプラスエリアモード)
  • 周波数帯(2.4Ghzと5Ghz)切替
  • 電波状況の確認
  • 電池残量の確認
  • 同じWiMAXモバイルルーターに接続している人に画像やリンクをシェア
  • QRコードの読み込みでWiMAXルーターに接続
  • ゲストWi-Fiへの接続(ホームルーターのみ)

この中で重要な機能なのが、通信モードの切り替えです。上記にもあるように、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBの制限があり、知らずに使い続けると通信制限がかかってしまう可能性があります。

アプリでは通信モードの自動切替機能があり、自動でハイスピードプラスエリアモードに切り替わらないように設定できます。

モバイルルーター本体でも同様の操作は可能ですが、アプリの方が直感的に操作がしやすく、パソコンや情報端末に詳しくない方でも安心して設定できます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
HUAWEI HiLinkは初期設定ならIDが「admin」、パスワードは端末裏側にあるIMEI番号になります。

WiMAX「W06」のデメリット

従来のモデルよりも通信速度が速く、持ち運びのしやすいSpeed Wi-Fi NEXT W06ですが、デメリットもあります。

  • デメリット①USB接続できないスマホでは1.2Gbpsの速度を出すのは難しい
  • デメリット②通信中のバッテリー持ちがWXシリーズに劣る
  • デメリット③クレードルがないので有線LAN接続はできない

この項目ではW06のデメリットについて、順番に解説します。

デメリット①USB接続できないスマホでは1.2Gbpsの速度を出すのは難しい

W06の最大の特徴は1.2Gbpsの下り通信ですが、高速通信は2つの条件が揃わないと使用できません。

  • ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オン
  • WiMAXモバイルルーターが通信端末とUSBで接続時のみ

W06で下り速度が1.2Gbpsになるには、通常のWiMAX2+回線にau 4G LTE回線を同時使用して、なおかつW06と通信端末をUSB回線で繋げる必要があります。

W06はUSB3.0コネクタ(Type-C)を搭載しているため、最新スマートフォンと同じUSBケーブルは使用してパソコンやノートパソコンと接続できます。

しかし、USBポートの無いスマートフォンやタブレットと有線接続するのは不可能です。

上記でも説明しましたが、ハイスピードプラスエリアモードは有料オプションとなっており、月間7GBの制限があります。つまり、使い過ぎるとWiMAXモバイルルーターの通信速度が遅くなるというデメリットがあります。

また、W06の高速通信は2020年7月時点だと東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアに限定されています。対象エリアは今後拡大予定となっていますが、現時点では北海道や沖縄といった場所ではギガビット級の通信は体験できません。

W06は光回線並の速度を出せますが、ハイスピードプラスエリアモードを使用中で、パソコンやノートパソコンで有線接続した場合に限定されます。

Wi-Fi接続時でも下り速度は最大867Mbpsとなっており、ほかのWiMAXモバイルルーターに比べれば十分速いモデルですが、下り最大速度が使用するのに条件があるのはデメリットです。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
下り最大速度は理論値です、実際の通信速度は通信端末やエリア、回線の状況、時間帯によって変化します。

デメリット②通信中のバッテリー持ちがWXシリーズに劣る

WiMAXモバイルルーターはW06のようなWシリーズと、Speed Wi-Fi NEXT WX06の2種類があります。

2つのシリーズの違いはメーカーが異なっており、モバイルルーターとしてのコンセプトも違っています。

Wシリーズ WXシリーズ
メーカー HUAWEI NEC
コンセプト 通信速度重視 安定性とバッテリー重視

コンセプトの違いはスペックにも表れており、W06と発売時期の近いWX06のスペックを比較してみましょう。

W06 WX06
下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
440Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
連続通信時間 約540分 約690分

下り最大速度を比べると、WシリーズのW06はWXシリーズのWX06に対してUSB接続時なら3倍、Wi-Fi接続時でも2倍近い速度を出しています。

一方で連続通信時間はW06が約540分に対して、WX06は約690分となっています。

連続通信時間は通信端末と接続していられる時間のことで、WシリーズはWXシリーズに対してバッテリーの持ちが悪いことになります。

朝9時~夜6時までの9時間分ならW06でも充電せずにギリギリ使用できますが、WX06なら続けて使用できます。

デメリット③クレードルがないので有線LAN接続はできない

クレードルとはWiMAXモバイルルーター用の拡張機器を指します。昔のガラケーのようにWiMAXモバイルルーターを充電したり、有線LANケーブルを接続するといった使い方ができます。

W05まではモデルに対応した専用のクレードルが販売されていましたが、W06には専用のクレードルがありません。

クレードルが無いことで下記のデメリットがあります。

  • 有線LANでWi-Fi非対応のPCに接続できない
  • 光回線やADSLを無線化(Wi-Fi化)できない
  • 充電スタンドがない
  • 電波状況が改善されない

クレードルは充電スタンド以外に内蔵のアンテナによって電波状況を改善したり、パソコンやゲーム機とWiMAXモバイルルーターを有線LAN接続する機能がありましたが、W06では不可能となっています。

W05やW04用のクレードルは販売していますが、ほかのWiMAXモバイルルーターのクレードルを使いまわすのは推奨できません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
メーカー側も使いまわしを推奨しておらず、故障の原因となるかもしれませんので止めておきましょう。

WiMAX「W06」の評判|遅い口コミはある?

Speed Wi-Fi NEXT W06の評判をSNSで調べると、やはり「速い」という内容を多く見かけます。

ギガピット級の通信速度は快適で、通信データ容量が多くなりやすい生配信番組でもストレスなく視聴できるのは魅力的です。

この方のようにソフトバンの回線と比べて速いという結果もあり、高速通信にこだわるならWiMAXモバイルルーターのW06がおすすめです。

一方で、W06が遅いという評判も見かけます。

Twitterにあるように、混雑しやすい夜は速度が落ちる傾向にあります。また、使用しているエリアが人口密集地帯だと電波が干渉しあって遅くなるという可能性もあるため、W06が遅いとは断言できません。

この方のようにWiMAXモバイルルーターと通信端末の間に中継器を挟むと速度が向上するということもあります。

WiMAXモバイルルーターと通信端末の間に距離があったり、障害物があると電波が弱くなります。

中継器は弱くなった電波を強くして届ける機能があるため、室内でWiMAXモバイルルーターが繋がりにくい方は検討してみましょう。

「W06」と他WiMAX機種を徹底比較

サル
サル
W06と他のWiMAXモバイルルーターの違いはなに?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
W06は下りの通信速度がトップクラスに速いよ

この項目ではSpeed Wi-Fi NEXT W06のスペックを、ほかのWiMAXモバイルルーターやWiMAXホームルーターと表して比較していますので参考にして下さい。

モバイルルーター(W05、WX05、WX04、W04、WX06)と比較

W06 WX06 W05 WX05 W04 WX04
端末画像
引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp
下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は
867Mbps)
440 Mbps 758 Mbps 440 Mbps 708Mbps 440Mbps
上り最大速度 75Mbps 75 Mbps 112.5 Mbps 75 Mbps 30Mbps 50Mbps
連続通信時間 約540分 約690分 約540分 約 690分 約540分 約690分
連続待受時間 約800時間 約700時間 約850時間 約700時間 約850時間 約700時間
最大接続可能数 Wi-Fi:16台 Wi-Fi:16台 Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
充電時間 約140分 約140分 約120分~130分 約130分 約120分~130分 約160分
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ
重量 約125g 約127g 約131g 約128g 約140g 約128g
発売日 2019/01/25 2020/01/30 2018/01/19 2018/11/08 2017/02/17 2017/11/01
メーカー HUAWEI NEC HUAWEI NEC HUAWEI NEC

上記の表でスペック的に優れている数値を青く表示しています。

W06の通信速度は1,237 Mbps /75 MbpsとほかのWiMAXモバイルルーターに比べて、下り最大速度が飛びぬけて速いです。

Wi-Fi接続時でも867Mbpsとなっており、前モデルのW05に比べて約100Mbpsも上回っています。ただし、上り速度はWiMAXモバイルルーターとしては早いですが、W05に比べると遅いです。

上り速度で負けているということは動画や写真をアップロードするときの速度が遅いということです。

最大接続可能数は16台と前モデルに比べて多くなっていますが、Bluetooth接続が出来ないのはデメリットになります。また、W05にあったNFC接続も排除されています

NFC接続とは…
対応機器にモバイルルーターをかざすだけで接続できる機能。パスワード入力やQRコードの読み込みといった手間が必要ない。

通信速度や最大接続可能数、サイズと多くのスペックで優秀なW06ですが、WXシリーズに比べると連続通信時間や充電時間が劣っています。

総合的に見て、W06は通信速度にこだわる方におすすめのWiMAXモバイルルーターだといえます。

ホームルーター(L02、HOME 02)と比較

W06 L02 HOME02
端末画像

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

引用:uqwimax.jp

下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
1,000Mbps
(Wi-Fi接続時は558 Mbps)
440Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps
(Wi-Fi接続時は30 Mbps)
75Mbps
連続通信時間 約540分 なし なし
連続待受時間 約800時間 なし なし
最大接続可能数 Wi-Fi:16台 Wi-Fi:最大40台まで
(2.4GHz、5GHz各20台まで)
LANポート:2台
Wi-Fi接続:20台
無線LAN接続:1台
充電時間 約140分 なし なし
サイズ(W×H×D)mm 128×64×11.9 93×178×93 50×118×100
重量 約125g 約436g 約218g
発売日 2019/01/25 2019/01/25 2020/01/30
メーカー HUAWEI HUAWEI NEC

L02とHOME 02はどちらもWiMAXホームルーターのため、自宅のコンセントに繋げて使用するタイプになります。

そのため、連続通信時間(バッテリー)や連続待機時間、充電時間はなしとなります。バッテリーを気にせずに一日中繋げられるのはWiMAXホームルーターならではの魅力です。

W06と比較すべきポイントは通信速度とサイズになります。表をご覧の通り、W06はL02、HOME02に対して下り最大速度がUSB接続でもWi-Fi接続でも上回っています。

サイズに関しても、WiMAXモバイルルーターは携帯しやすいサイズとなっておりW06に軍配が上がります。

コンパクトで持ち運びがしやすいルーターを欲しい方はW06、自宅だけで使用する目的で通信速度にこだわるならL02、デザイン性とコンパクトさを重視するならHOME02がおすすめです。

「W06」と「WX06」の違いは?どっちを買うべき?

サル
サル
W06とWX06だと、どっちがおすすめなの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
通信速度を重視するならW06がおすすめだよ。
W06 WX06
下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
440 Mbps
上り最大速度 75Mbps 75 Mbps
連続通信時間 約540分 約690分
連続待受時間 約800時間 約700時間
最大接続可能数 Wi-Fi:16台 Wi-Fi:16台
充電時間 約140分 約140分
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ
重量 約125g 約127g
発売日 2019/01/25 2020/01/30
メーカー HUAWEI NEC

表をご覧の通り、W06とWX06はサイズ感や充電時間、画面サイズなどの項目はそれほど違いがありません。最大の違いは通信速度と連続通信時間の2つです。

そのため、通信速度にこだわるならW06、通信の安定度やバッテリーを重視するならWX06がおすすめのWiMAXモバイルルーターになります。

WiMAX「W06」に関するQ&A

ここではSpeed Wi-Fi NEXT W06に関するQ&Aについて解説します。

充電器は付いてくる?

W06にはACアダプタ(充電器)は付属していません。なぜなら、充電器がなくてもWiMAXモバイルルーターは充電が可能です。

W06の充電方法は下記になります。

  • 付属のUSBケーブルでパソコンやノートパソコン、ゲーム機などに接続して充電する
  • 別売りのUSBポートがあるACアダプタと付属のUSBケーブルを繋げて充電する

基本的にUSBポートのあるパソコンと接続すれば、WiMAXモバイルルーターは充電ができます

W06のUSBコネクトはType-Cのため、最新のAndroidスマートフォン・タブレットの充電ケーブルでも充電は可能です。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
W06は専用クレードルがありません。クレードルの使いまわしは止めましょう。

W06の不具合はどんなものがあるの?

Broad WiMAXのお客様サポートによれば、W06は過去に下記のような不具合がありました。

  • 無通信時間が続くとWi-Fiが一時的に切断されるケース
  • スマートフォンがスリープするとWi-Fiが一時的に切断されるケース
  • Wi-Fiを5GHzで接続しており、一時的にDFS機能が入るケース

これらの不具合は2020年7月時点でフォームウェアのアップデートなどで改善がされています。

ですが、改善されてからW06を購入しても不具合が起きているという報告も見かけます。

もし、アップデートファイルを適用しても不具合が改善されない場合は、下記の方法で工場出荷状態まで端末を初期化してみましょう。

W06の電源を入れた状態で、下側側面にあるリセットボタンを5秒以上押す

初期化するとこれまでの通信機器との接続設定も消えてしまいますが、大抵の不具合は改善される可能性が高いです。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
初期化をしても不具合が直らない場合は、UQ WiMAXに相談してみましょう。

充電されないときの対処法は?

充電がされない、充電がなかなか終わらない場合は充電方法が間違っているか、充電する力が足りなくなっていることが考えられます。

たとえば、パソコンやゲーム機から充電していて終わらないときは、ACアダプタに接続した方が充電されやすくなります。

また、W06は充電残量がほとんど無い場合だと、一定時間充電を行わないと電源が入らない仕様となっています。電源が落ちた状態からすぐに起動はできないため、1時間程度は充電してから再度試してみましょう。

これでも解決しない場合は、ACコネクタが故障しているか、バッテリーが摩耗している可能性があります。WiMAXモバイルルーターを買い替えるか、UQ WiMAXに修理を依頼しましょう。

充電しながらでも使える?

結論から言えば充電しながら使用することは可能ですが、あまり推奨できない使用方法です。

なぜなら、バッテリーは熱に弱く、充電しながら使用すると熱が発生してしまい、バッテリーに大きな負荷をかけます

W06はWXシリーズに比べるとバッテリーの持ちが悪いため、なるべくバッテリーに負担をかけない使用を心がけましょう。

ケースは付けた方が良い?

必須ではありませんが、ファッション性と保護の観点からいえばケースを付けても良いです。

W06は公式からケースは販売されていませんが、楽天やAmazonではスマートフォンのケースに似た物が販売されています。

モバイルルーターのケースは水を弾き汚れに強く、多少の耐久性もあるため万が一落としてもW06を守ってくれます。

WiMAXモバイルルーターはモデルごとにサイズが異なっているため、専用のケースを購入しましょう。

画面表示で通信量は確認できる?

W06はこれまでのデータ通信量をホーム画面上で確認できます。

  1. 設定をタップ
  2. ステータスをタップ
  3. 通信量カウンターをタップ
  4. ホーム画面表示設定で画面上に表示する周期を1ヵ月・3日から選択
  5. データ設定の設定(1ヵ月)・設定(3日)を選択(ホーム画面表示設定で選択した周期と同じ項目)
  6. カウント方式からカウントしたいモードをONにする

上記の設定をすると、ホーム画面に1ヵ月分か3日ごとのデータ通信量が表示されるようになります。

なお、専用のアプリ「HUAWEI HiLink」でもデータ通信量の確認や設定変更ができます。

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。