WiMAX

WiMAXとポケットWi-Fiの違い【どちらを選ぶべき?】

サル
サル
  • WiMAXとポケットWi-Fiって違いはあるの?
  • WiMAXとモバイルWi-Fiサービスってどっちがおすすめなの?

WiMAX以外に、モバイルルーターを用いたサービスはいくつもあります。サービスごとに通信速度や月額料金などが違っており、どちらを選んだら得なのか迷ってしまいます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここではWiMAXとポケットWi-Fiの違いなどを解説するよ。
この記事で分かること
  • WiMAXとポケットWi-Fiの違いについて
  • WiMAXとモバイルWi-Fiサービスの比較について
  • WiMAXをお得で快適に使うための3つのポイントについて

WiMAXとポケットWi-Fiの違い

WiMAXはauを展開するKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供・管理する無線通信サービスです。

一方でポケットWi-Fiは、Y!mobileが提供・管理する無線通信サービスになります。

どちらもモバイルルーターを使って外出先でもインターネットが利用できるサービスになりますが、価格や通信速度などが異なります。最大の特徴は、通信に使用する電波に違いがあります。

WiMAX ポケットWi-Fi
電波の特徴 直進性が高く、高速通信が可能 障害物を避けて進む
メリット 通信速度が速い 広いエリアをカバー可能
速度よりも安定性を重視

ポケットWi-FIとは

サル
サル
ポケットWi-FiってモバイルWi-Fiサービス全般の総称じゃないの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
「Pocket WiFi」という名称はソフトバンクが商標登録しているよ。

インターネットやSNSでポケットWi-Fiを調べると、Y!mobileが提供する無線通信サービスとしてのポケットWi-Fiと、モバイルWi-Fiルーターの総称と混同して使われています。

【一般的な認識】ポケットWi-FiとはモバイルWi-Fiルーターの総称

一般的な認識としては上記のSNSのように、ポケットWi-FiはモバイルWi-Fiルーターの総称として使われています。

モバイルWi-Fiルーターとは…
インターネット接続機能を備えた無線LAN機器用の名称です。移動しやすい小型の機器にルーターと無線LAMアクセスポイントを搭載しています。

しかし、モバイルWi-FiルーターをポケットWi-Fiと呼ぶのは厳密にいえば不適切な表現となります。

【正式な意味】ポケットWiFiとはワイモバイル(ソフトバンク社)のサービス名

ポケットWi-FiとはソフトバンクのサブブランドのY!mobileが提供するサービス名です。

スマートフォンと同じLTE回線を使用しているため、スマートフォンの電波が届く場所なら同じように利用でき、広いエリアで安定した通信を可能としています。

本来なら、モバイルWi-FiルーターをポケットWi-Fiと呼称したり、WiMAXをポケットWi-Fiの1種と表記するのは正しくありません。

しかし、ソフトバンクが登録した商標は「Pocket WiFi」となっており、「ポケットWi-Fi」という名称は商標登録されていません。

そのため、「ポケットWi-Fi」という名称は響きの良さや、モバイルWi-Fiルーターの本質を短い単語で突いていることもあり、インターネットや広告などで「モバイルWi-Fiルーター=ポケットWi-Fi=モバイルWi-Fiルーターサービス全般」を指す言葉という認識が広まったのです。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
記事の正確さを重視するなら「Y!mobileが提供するPocket WiFi」などの表記にすべきですが、認知度と理解しやすい内容にするために、本記事では「ポケットWi-Fi」表記とさせて頂きます。

WiMAXとは

WiMAXとはUQコミュニケーションズが独自で開設している無線通信回線サービスです。

ポケットWi-Fiが主にソフトバンクのLTE回線を用いるのに対して、WiMAXは独自回線とau 4G LTE回線の両方を使用します。

現在主流となっているWiMAX2+回線は、直進性が高いため高速通信が可能となっています。ただし、壁や天井などの障害物に弱いため、地下や高層ビルに囲まれた場所では安定性が低下します。

サル
サル
WiMAXはプロバイダが沢山あるのはなんで?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXのプロバイダは代理店だよ。

固定回線のインターネット接続では回線業者プロバイダが別々の役割を担っています。

回線業者…
インターネット接続に必要となる光ファイ―バーを提供する事業者です。NTT東西やKDDI、各地の電力会社、ケーブルテレビ会社が該当します。

プロバイダとは…
ユーザーにIPアドレスを提供し、回線を使って接続する事業者です。回線業者から借りた光ファイバーを使って、ユーザーとインターネットを接続します。

一方でWiMAXは回線業者とプロバイダがセットになったサービスになります。UQコミュニケーションズや、WiMAX提供会社(WiMAXプロバイダ)と契約するだけでインターネットと接続できます。

WiMAXにとってプロバイダはUQコミュニケーションズの代理店であって、通信速度や使用できるルーターの種類に違いはありません。そのため、WiMAXプロバイダを選ぶときは月額料金などを比較しましょう。

WiMAXとポケットWi-Fiを徹底比較!どちらがおすすめ?

この項目ではWiMAXや、ほかのモバイルWi-Fiサービスなどのデータ通信速度や速度制限、月額料金などを表にまとめて比較します。

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
機種 Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT Pocket WiFi 802ZT Wi-Fi STATION SH-52A Speed Wi-Fi 5G X01 D1 Speed Wi-Fi NEXT W06
データ通信速度 下り:1.2Gbps(867Mbps)
上り:75Mbps
下り:988Mbps(866Mbps)
上り:46Mbps
下り:988Mbps(866Mbps)
上り:46Mbps
下り:4.1Gbps(1.7Gbps)
上り:480Mbps(131.3Mbps)
下り:4.1Gbps(1.7Gbps)
上り:481Mbps(131.3Mbps)
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps(867Mbps)
上り:75Mbps
月間のデータ通信量 3日間で10GB 月間7GB(オプションで上限なし) ミニフィットプラン forデータ:月間5GB
メリハリプラン forデータ:月間50GB
ギガ放題:月間60GB
ギガライト:月間7GB
ルーターフラットプラン80:月間80GB 無制限(例外的な使用の場合は制限する) 通常プラン:1日2GB
WiMAXプラン:3日間で10GB
ライトプラン:月間20GB
縛っちゃうプラン:なし
速度制限 概ね1Mbps 128Kbps 128Kbps ギガ放題:1Mbps
ギガライト128Kbps
ルーターフラットプラン80:128Kbps 384Kbps 不明
実際の月額料金 1~2ヵ月目:2,726円
3~24ヵ月目:3,411円
25ヵ月目以降:4,011円
1ヵ月~:3,696円
1ヵ月~:4,380円(オプション込み)
ミニフィットプラン forデータ:2,980円~6,480円(3,980円~7,480円)
メリハリプラン forデータ:6,480円(7,480円)
ギガ放題:3980円(4,980円)
ギガライト:1,980円~3,980円
ルーターフラットプラン80:4,980円~6,980円 1ヵ月目~24ヵ月目:3,480円
25ヵ月目~:3,980円
縛りなしプラン:3,000円~4,300円
縛りありプラン:2,600円~3,600円
契約期間 3年間 2年間 なし(割引期間は2年間) 2年間 2年間 2年間 縛りなしプラン:1ヵ月
縛りありプラン:3年間

表に取り上げたのはモバイルWi-Fiサービスのある事業者ですが、それぞれ特徴が異なります。

WiMAX KDDIグループの事業者で、WiMAX2+回線を提供している
Y!mobile ソフトバンクのサブブランドで、ソフトバンクのLTE回線などを使用できる
ソフトバンク(ポケットWi-Fi) モバイルWi-Fiルーターを販売しており、モバイルデータ通信のみの料金プランがある
DoCoMo モバイルWi-Fiルーターを販売しており、スマホと同じ料金プランを適用している
au モバイルWi-Fiルーターを販売しており、5G対応端末向けの料金プランがある
どんなときもWi-Fi 株式会社グッド・ラックが提供する、クラウド系モバイルWi-Fiサービス
縛りなしWi-F クラウド系モバイルWi-FiサービスとWiMAX2+回線の2種類を扱っている
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
これらの特徴などを比較したうえで、モバイルWi-Fiサービスを利用するならWiMAXがおすすめです。

データ通信速度で比較

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
機種※1 Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT Pocket WiFi 802ZT Wi-Fi STATION SH-52A Speed Wi-Fi 5G X01 D1 Speed Wi-Fi NEXT W06
データ通信速度※2 下り:1.2Gbps(867Mbps)
上り:75Mbps
下り:988Mbps(866Mbps)
上り:46Mbps
下り:988Mbps(866Mbps)
上り:46Mbps
下り:4.1Gbps(1.7Gbps)
上り:480Mbps(131.3Mbps)
下り:4.1Gbps(1.7Gbps)
上り:481Mbps(131.3Mbps)
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps(867Mbps)
上り:75Mbps

※1…2020年8月時点で最新、または通信速度の優れている機種です。
※2…最大速度は条件を満たした場合の理想値になります。

モバイルWi-Fiサービスのデータ通信速度はWi-Fiルーターのスペックに依存します。表のデータ通信速度は2020年8月時点で最も速い機種を比較していますが、DoCoMoとauのWi-Fiルーターが飛びぬけて速いです。

この2社は5G通信に対応した新しいモバイルWi-Fiルーターを発売しており、それまで最速だったWiMAXのW06を抜いてトップを争っています。

ただし、5G通信に対応しているサービスエリアはかなり限定されています。2020年8月時点でau5Gに対応しているエリアは都内を中心に数十か所で、残りのほとんどのエリアは4GLTE対応エリアになります。

利用しているユーザー数も少ないため、安定して高速通信が可能なのか不明なことも多く、安定して高速通信ができるWiMAXの方が信頼できます。

月間のデータ通信量で比較

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
月間のデータ通信量 3日間で10GB 月間7GB(オプションで上限なし) ミニフィットプラン forデータ:月間5GB
メリハリプラン forデータ:月間50GB
ギガ放題:月間60GB
ギガライト:月間7GB
ルーターフラットプラン80:月間80GB 無制限(例外的な使用の場合は制限する)※ 通常プラン:1日2GB
WiMAXプラン:3日間で10GB
ライトプラン:月間20GB
縛っちゃうプラン:なし

※…2020年6月19日に総務省より行政指導が行われています。

モバイルWi-Fiサービスでは月間・日間で使用できるデータ通信量が定められています。定められたデータ通信量を越えると速度制限がかかってしまい、インターネットやアプリの通信速度が遅くなります。

サル
サル
どうしてデータ通信量は無制限じゃないの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
インターネット回線は多くの人が利用すると混雑するから、皆が利用できるように制限を設けているんだよ。

WiMAXで主流になっているギガ放題プランでは、直近3日間で10GB以上使用すると速度制限が発生します。月間に概算すると、月間100GBとなり、表にあるほかのモバイルWi-Fiサービスと比べても好条件になります。

どんなときもWi-Fiと縛りなしWi-Fiはクラウド系モバイルWi-Fiサービスで、パケット無制限が売りですが、どんなときもWi-Fiに対して行政指導が行われました

パケット無制限とアピールしていましたが、実際は月間25GBのデータ通信量制限へ勝手に移行するなどの措置を取っていたのです。

これを受けて、モバイルWi-Fiサービスではパケット無制限のプランを廃止し、データ通信量に制限のあるプランへと切り替えています。

2020年8月時点ではどんなときもWi-Fiと縛りなしWi-Fiのホームページ上に「制限なし」の表示は消えておりませんが、いずれは対応するかと思われます。

以上のことから、WiMAXのデータ通信量はほかのサービスと比べてもかなり多く、自由にインターネットが利用できます。

速度制限で比較

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
速度制限※ 概ね1Mbps 128Kbps 128Kbps ギガ放題:1Mbps
ギガライト128Kbps
ルーターフラットプラン80:128Kbps 384Kbps 不明

※理論値のため、実際の速度とは異なります。

WiMAXの速度制限はギガ放題プランなら概ね1Mbpsとなっています。この通信速度ならYouTubeの動画を見たり、インターネットやツイッターなどを利用するのに問題の無い速度となります。

一方、128KbpsだとツイッターやLINEでメッセージのやり取りはできても、ビデオ通話や写真・動画のアップロードなどは時間が掛かってしまいます。また、Y!mobileやソフトバンク(ポケットWi-Fi)の速度制限は翌月1日まで解除されませんが、WiMAX2+回線の速度制限なら翌日18時~翌々日2時を過ぎれば解除するという緩い内容となっています。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXの通常プランやハイスピードプラスエリアモードの速度制限は128Kbpsが翌月1日まで発生するから注意しましょう。

実質の月額料金で比較

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
実際の月額料金 1~2ヵ月目:2,726円
3~24ヵ月目:3,411円
25ヵ月目以降:4,011円
1ヵ月~:3,696円
1ヵ月~:4,380円(オプション込み)
ミニフィットプラン forデータ:2,980円~6,480円(3,980円~7,480円)
メリハリプラン forデータ:6,480円(7,480円)
ギガ放題:3980円(4,980円)
ギガライト:1,980円~3,980円
ルーターフラットプラン80:4,980円~6,980円 1ヵ月目~24ヵ月目:3,480円
25ヵ月目~:3,980円
縛りなしプラン:3,000円~4,300円
縛りありプラン:2,600円~3,600円
3年月額総額 128,626円 133,056円
157,680円(オプション込み)
ミニ:137,280円~263,280円
メリハリ:263,280円
ギガ放題173,280円
ギガライト:71,280円~143,280円
179,280円 131,280円 縛りなしプラン:108,000円~154,800円
縛りありプラン:93,600円~129,600円

これらのモバイルWi-Fiサービスのなかで3年月額総額が最も安いのは、DoCoMoのギガライトですが、月間データ通信量は1GB以下の場合の料金になります。

次いで安いのは縛りなしWi-Fiの「縛りありライトプラン」ですが、通信データ容量は月間20GBとなっています。1日あたり1GB以下しか利用できないため、どちらもWiMAXに比べるとコストパフォーマンスが悪いです。

WiMAXの3年月額総額は128,626円と、ほかのモバイルWi-Fiサービスに比べて安く、月間データ通信量と併せて考えると非常にコストパフォーマンスの良いサービスになります。

契約期間で比較

WiMAX
(Broad WiMAX)
Y!mobile ソフトバンク(ポケットWi-Fi) DoCoMo au どんなときもWi-Fi 縛りなしWi-Fi
契約期間 3年間 2年間 なし(割引期間は2年間) 2年間 2年間 2年間 縛りなしプラン:1ヵ月
縛りありプラン:3年間

契約期間とは、モバイルWi-Fiサービスを解約した場合に解約手数料などが発生する期間のことです。サービスによって内容は異なりますが、契約期間終了翌月なら解約手数料が無料、あるいは格安で解約ができます。

Broad WiMAXの場合は解約手数料が無料になるまでの期間は3年間(36ヵ月)となっており、ほかのモバイルWi-Fiサービスと比べて長いです。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXプロバイダによって契約期間の年数や解約手数料が異なるため、プロバイダの条件をチェックしましょう。

WiMAXがおすすめの4つの理由

WiMAXをおすすめしたい理由は4つあります。

  • 高速通信が安定して速い
  • 速度制限の条件が緩い
  • コストパフォーマンスが良い
  • トラブルが少ない

WiMAXはほかのモバイルWi-Fiサービスに比べて知名度が高く、多くの方が利用しています。そのため、高速通信に関する実測値が多く報告されており、信頼できるデータで安定して速いことが証明されています。

速度制限の条件が「直近3日間で10GB」と緩く、月額料金と通信データ容量のコストパフォーマンスに非常に優れています

また、どんなときもWi-Fiのように行政指導が入るようなトラブルもほとんど起きておらず、信頼できるモバイルWi-Fiサービスになります。

お得で快適にWiMAXを使うための3つのポイント

WiMAXを快適に使うためには3つのポイントに注意しましょう。

WiMAXを快適に使うためには3つのポイント

  • プランはギガ放題を選ぶ
  • 機種は速度の速いものを選ぶ
  • 安いプロバイダを選ぶ

それぞれ、どのようなポイントなのか解説します。

プランはギガ放題を選ぶ

WiMAXで主流になっているプランは通信量無制限のギガ放題ですが、一部のプロバイダでは通常プランも扱っています。

  • Broad WiMAX…ライトプラン
  • GMOとくとくBB…通常プラン

Broad WiMAXのギガ放題プランとライトプラン(通常プラン)の違いを表にまとめました。

ギガ放題プラン ライトプラン
月額料金 1~2ヵ月目:2,726円
3~24ヵ月目:3,411円
25ヵ月目以降:4,011円
1~24ヵ月目:2,726円
25ヵ月目以降:3,326円
3年月額総額 128,626円 105,336円
月間データ量 制限なし 月間7GB
速度制限 概ね1Mbos 128Kbps

ライトプラン(通常プラン)の特徴は料金が安いことです。ギガ放題プランに比べて3年月額総額は約23,000円も安くなります。

デメリットは、月間データ量に制限があり、月間7GBを越えてしまうと翌月1日まで通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

ギガ放題プランなら、WiMAX2+回線の速度制限の条件は緩いため、快適にインターネットを楽しめます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ライトプラン(通常プラン)からギガ放題プランに切り替えることは可能ですが、翌月1日から切り替わるため速度制限を回避することはできません。

機種は速度の速いものを選ぶ

WiMAXはプロバイダで通信速度は変わりません。通信速度を早くするなら機種を選びましょう。

W06 WX06 W05 WX05
下り最大速度 1,237Mbps
(Wi-Fi接続時は867Mbps)
440 Mbps 758 Mbps 440 Mbps
上り最大速度 75Mbps 75 Mbps 112.5 Mbps 75 Mbps
連続通信時間 約540分 約690分 約540分 約 690分
連続待受時間 約800時間 約700時間 約850時間 約700時間
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ
サイズ(W×H×D)mm 128×64×11.9 111×62×13.3 130×55×12.6 111×62×13.3
重量 約125g 約127g 約131g 約128g
クレードル なし あり あり あり
発売日 2019/01/25 2020/01/30 2018/01/19 2018/11/08
メーカー HUAWEI NEC HUAWEI NEC

2020年8月時点で購入するならW06がおすすめです。バッテリーの持ちはNEC製のWXシリーズに一歩譲りますが、通信速度はWiMAXモバイルルーターのなかでトップクラスに速いのは魅力的です。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ただし、専用のクレードルは販売されていないため有線LAN接続はできません。

安いプロバイダを選ぶ

WiMAXをお得に使うなら安いプロバイダを選ぶべきです。

Broad WiMAX UQ コミュニケーションズ GMO とくとくBB BIGLOBE WiMAX So-net カシモWiMAX DTI au WiMAX
(モバイルルータープラン)
初期費用(事務手数料) 0円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 0円
端末代
(W06)
0円 15,000円 0円 19,200円 0円 0円 0円 不明
月額料金 1~2ヵ月目:2,726円
3~24ヵ月目:3,411円
25ヵ月目以降:4,011円
1~24ヵ月目:3,880円
25カ月目以降:3,880円(契約自動更新あり)
25カ月目以降:4,050円(契約自動更新なし)
1ヵ月~2ヵ月目:3,609円
3ヵ月目~:4,263円
1ヵ月目~:3,980円 1~12ヵ月目:3,380円
13ヵ月目~:4,379円
1ヵ月目:1,380円
2ヵ月~24カ月目:3,580円
25ヵ月目~:4,079円
1〜2ヵ月目:0円
3ヵ月目:2,590円
4ヵ月目以降:3,760円
1ヵ月目~:4,292円
3年総額(※) 131,326円 157,680円~164,100円 155,160円 165,480円 148,656円 132,668円 126,670円 154,512円
キャッシュバック金額 なし なし 最大30,000円
(W06だと26,500円)
15,000円 なし なし なし なし
キャッシュバック込みの3年総額 131,326円 157,680円~164,100円 128,660円 150,480円 148,656円 132,668円 126,760円 154,512円
解約手数料 1ヵ月目~12ヵ月目19,000円
13ヵ月目~24ヵ月:14,000円
25ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~13ヵ月目:19,000円
14ヵ月目~25ヵ月目:14,000円
26ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~24カ月目:24,800円
25ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~12ヵ月目:1,000円 1ヵ月目~12ヵ月目19,000円
13ヵ月目~24ヵ月:14,000円
25ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~12ヵ月目19,000円
13ヵ月目~24ヵ月:14,000円
25ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~12ヵ月目19,000円
13ヵ月目~24ヵ月:14,000円
25ヵ月目~:9,500円
1ヵ月目~:1,000円
契約年数 3年 2年 3年 1年 2年 2年 3年 2年

※3年総額=初期費用+事務手数料+端末代金(W06)+月額料金(36ヵ月)

表はプロバイダの料金の各項目を比較したものになります。これらのプロバイダで3年総額がキャッシュバック込みで最も安いのはDTIで、Broad WiMAXが続きます。

安さだけを考えるならDTIがお得に思えますが、DTIでは解約時にSIMカードの返却が義務付けられており、auスマホとのセット割が利用できません。

「auスマートバリューmine」を利用すれば、auスマホが月額最大1,000円割引なります。3年総額で36,000円となるのは大きい割引です。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
Broad WiMAXにはセット割があるため、auスマホユーザーがWiMAXを始めるなら月額料金が安いBroad WiMAXがおすすめです。また、キャッシュバックを受け取る自信があるならGMOとくとくBBもおすすめです。
WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。