【23社比較】2021年2月最新!WiMAXプロバイダおすすめ4選

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは使いすぎ注意【メリット・デメリット】

サル
サル

ハイスピードプラスエリアモードってなに?
ハイスピードプラスエリアモードが無料のプロバイダってあるの?

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)はWiMAXのインターネットを快適に楽しむためのオプション機能ですが、使いすぎると速度制限が発生するなどのデメリットがあります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここではハイスピードプラスエリアモードについて解説するよ。
この記事で分かること
  • ハイスピードプラスエリアモードのメリット・デメリット
  • ハイスピードプラスエリアモードの設定方法
  • ハイスピードプラスエリアモードが無料のプロバイダ

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)とは?

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)とは?ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXで通常使用している通信回線と、別回線であるau 4G LTE回線を同時に使用するモードです。

サル
サル
au 4G LTE回線ってどんな回線なの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
auユーザーがスマートフォンやタブレットでインターネットを使うのと同じ回線だよ。

WiMAXはUQ コミュニケーションズが提供する通信回線を使用するインターネットサービスですが、UQコミュニケーションズはKDDIグループの電気通信事業者です。

そのため、WiMAXはWiMAX自身の回線と別のau 4G LTE回線を使用することが可能となっています。

ハイスピードモードとの違い

ハイスピードモードとは、現在のWiMAX2+回線のことを指しており、WiMAXプロバイダと契約したWiMAXユーザーが日常的に使用する通信回線になります。

サル
サル
なんでWiMAX2+回線を「ハイスピード」って言うの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXがスタートしたときはWiMAX回線(旧WiMAX回線)と呼んでいて、新しくできたWiMAX2+回線は通信速度などが優れてたからハイスピードモードと名前が付いたんだよ。

ハイスピードプラスエリアモードとハイスピードモードの違いは下記になります。

ハイスピードプラス
エリアモード
ハイスピードモード
使用する通信回線 WiMAX2+回線とau 4G LTEモード WiMAX2+回線
対応エリア WiMAX 2+エリア/au 4G LTE(800MHz)エリア WiMAX 2+エリア
通信速度(W06) 下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
下り最大867Mbps
上り最大75Mbps
通信容量 月間7GB 直近3日間で10GB
制限中の通信速度 128Kbps 概ね1Mbps
料金 月額料金+オプション料金(月額1,005円) 月額料金

詳しい解説は次項でしますが、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXルーターが繋がりにくい地下やビルに囲まれた場所でもスマートフォンと同じように安定して使えますが、使いすぎると通信速度が制限される可能性があります

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ハイスピードプラスエリアモードは便利だけど、使いすぎるのに注意しましょう。

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うメリット

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うメリット

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うメリットは下記の3つになります。

  • メリット①通信速度が早い
  • メリット②通信対応エリアが広い
  • メリット③通信が安定する

それぞれ、どのようなメリットなのか順番に解説します。

メリット①通信速度が早い

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの通信速度を比較すると、ハイスピードプラスエリアモードの方が速いです。

2020年9月時点で最も通信速度の速いWiMAXルーターは、Speed Wi-Fi NEXT W06です。

通常のWiMAX2+回線だと下り(ダウンロード速度)最大867Mbpsとなっていますが、ハイスピードプラスエリアモードを使用して有線接続をすると下り(ダウンロード速度)最大1.2Gbpsに向上します

サル
サル
なんでハイスピードプラスエリアモードは通信速度が速いの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
2種類の電波を束ねて利用するから、1種類のハイスピードモードよりも速くなるんだよ。

ハイスピードプラスエリアモードでは、キャリアアグリゲーションという技術を使用しています。2種類の異なる電波を束ねることで、より多くの電波をキャッチする技術で、一気に大量のデータを受信できるのです。

最新のWiMAXルーターにはこの技術が採用されており、スペック表で下り最大速度となっている数値はハイスピードプラスエリアモードを使用した場合になります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ルーターの通信速度は理論値のため、実際の環境や使用方法によってはスペック通りの数値が出るとは限りません。

メリット②通信対応エリアが広い

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うメリットの2つ目は通信対応エリアが広いことです。

WiMAX2+回線は人口エリアの90%以上をカバーしており、都市部や人の住んでいる場所でしたら利用できます。しかし、山間部近くや湖といった、人が密集していないエリアや地下まではカバーしきれていません。

ハイスピードプラスエリアモードで使用できるau 4G LTE回線は、WiMAX2+回線が届かないエリアもカバーしています。

通信エリアが広いということは、外出先で高速通信を使って仕事をしたい方に大きなメリットとなります。

サル
サル
ハイスピードプラスエリアモードのエリアってどこから確認できるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
下記のサイトから検索することができるよ。

WiMAX(ルーター)のサービスエリア

メリット③通信が安定する

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードの3つ目のメリットは、通信が安定しやすいことです

WiMAX2+回線(ハイスピードモード)の電波は建物や遮蔽物に弱く、対応エリアであっても電波が安定しないことがあります。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線が安定しないと、au 4G LTE回線に切り替えて通信を安定しようとする機能があります

au 4G LTE回線の電波はビルなどの大きな建造物に対して回り込む性質があるため、電波が広い範囲をカバーしているため、結果として通信が安定します。

下記のような場所では通信が安定しにくいため、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると効果があります。

  • ビルの中
  • 地下
  • 遮蔽物や背の高いビルに囲まれた空間
  • 電車の中
  • トンネルの中

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うデメリット

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うデメリット

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うデメリットは、次の3つです。

  • デメリット①月間7GBで速度制限がかかる
  • デメリット②月間7GBを超えるとハイスピードモードも制限される
  • デメリット③契約年数によっては有料オプション
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ハイスピードプラスエリアモードはメリットも大きいですが、デメリットも深刻なため、きちんと内容を把握しましょう。

デメリット①月間7GBで速度制限がかかる

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードに切り替えた状態でデータ容量が月間7GBを超えると、翌月1日まで速度制限が掛かってしまいます。

速度制限とは…
速度制限とは、インターネットのアップロードやダウンロードに影響を与える通信速度を一定の数値まで制限することです。速度制限中は動画を見たり、ファイルをダウンロードするといった操作が難しくなります。

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限が発生すると、通信速度は下り最大128Kbpsに制限されてしまいます。この速度制限は時間経過以外の方法で解除することはできません。

サル
サル
128Kbpsに制限されると、どれぐらい不便なの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
メッセージのやり取りぐらいはできるけど、動画を見たり、写真をアップロードするのは難しくなるよ。

一般的なWiMAXルーターの通信速度が下り最大440Mbpsのと比べると、128Kbpsというのは約3520分の1以下まで遅くなったということになります。次の表は、128Kbpsでなにが可能なのかまとめたものになります。

アプリ 行為 必要な通信データ量 備考
LINE メッセージ 1KB/500文字 文字やスタンプのやり取りは可能
通話 300KB/1分 回線品質は低下するが、一応は可能
ビデオ通話 5MB/1分 不可能
画像・動画のやり取り 画像・動画のサイズに依存 画像・動画のサイズによるが時間がかかる
Twitter タイムラインの更新 75KB/1回 画像・動画の読み込みには時間がかかるが、更新は可能
投稿 1KB/500文字 文字だけの投稿なら可能
画像・動画のやり取り 画像・動画のサイズに依存 画像・動画のサイズによるが時間がかかる
YouTube 最低画質での視聴 700Kbps/1秒 最低画質の視聴も不可能
オンラインゲーム ゲームのプレイ  ゲームの種類に依存 通信データのやり取りが多いゲームは難しい
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
128Kbpsだといつも通りにインターネットをするのは難しいです。

デメリット②月間7GBを超えるとハイスピードモードも制限される

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを月間7GB以上使用すると、通常のWiMAX2+回線を利用するハイスピードモードも128Kbpsまで通信速度が制限されます。

パソコン スマートフォン
WEBページの閲覧 約2,800回以上 約23,100回
テキストメール 約231,000回以上 約462,000回以上
YouTube 1080p 約4.9時間
450p 約11.2時間
450p 約32.9時間
144p 約58.1時間
Googleマップ 約700回

表はパソコンとスマートフォンで、7GBの通信データ容量でどれだけのことが可能なのかまとめたものになります。

ハイスピードプラスエリアモードでYouTubeの一般的な画質(450P)を10時間以上視聴するだけでも、月間7GBを超える可能性があります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
動画のアップロードやダウンロードを繰り返しているとあっという間に制限が掛かってしまうため、注意しましょう。
サル
サル
ハイスピードモードに制限はないの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ハイスピードモードにも通信制限はあるけど、「直近3日間で10GB」という比較的緩い内容のため、実質的には通信料無制限となっているよ。

デメリット③契約年数によっては有料オプション

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードはオプション契約のため、月額1,005円が月額料金とは別に発生します。使用した期間で日割りされないため、月の初めに使用しても、月末に切り替えても料金は変わりません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
プロバイダによっては、契約プランや契約年数、キャンペーンなどで無料になる場合もあります。

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うのはどんな時か

WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使うのはどんな時かWiMAXでハイスピードプラスエリアモードを使いたくなる場面は、次の2つがあります。

  • 地方などハイスピードモードの対応エリア外で通信したい場合
  • 地下鉄や新幹線、空港などで通信したい場合

それぞれ、どのような場面なのか順番に解説します。

地方などハイスピードモードの対応エリア外で通信したい場合

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使うのは、地方などの「ハイスピードモード」対応エリア外で通信したい場合です。

ハイスピードモードは人口エリアの90%以上をカバーしていますが、都市部や大都市に集中しています。地方の、あまり人が居ない場所だとWiMAX2+回線が届かない可能性は十分に考えられます。

一方で、au 4G LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)はスマートフォン用の回線のため、WiMAX2+回線よりも広範囲をカバーしています。

上記の方のように、WiMAX2+回線が安定していなくても、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると電波が拾えるというケースもあります。

地下鉄や新幹線、空港などで通信したい場合

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使いたくなる場面の2つ目は、地下鉄や新幹線、空港などで通信したい場合です。

WiMAXの電波は真っすぐに飛ぶため、障害物が多い場所は電波が弱くなります。特に下記のような場所では安定しづらいです。

  • 地下
  • ビルや家など建物の中
  • ビルとビルの間
  • トンネルの中
  • 車の中
  • 山間などの土地の起伏が激しいところ

また、電車や新幹線のような移動している乗り物のなかでもWiMAXルーターは繋がりにくいという弱点があります。屋外を走行している電車や新幹線は、各地にある基地局から電波を断続的に受け取るため、かえって安定しないのです。

また、空港のような特殊な場所でも電波は安定しづらいため、ハイスピードモードでは繋がりにくいというケースは珍しくありません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
場所を移動したり、障害物を片づけるといった対処方法が取れない場合はハイスピードプラスエリアモードに切り替えるのが効果的です。

WiMAXでのハイスピードプラスエリアモード設定方法

WiMAXでのハイスピードプラスエリアモード設定方法

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは、下記の3つから設定できます。

  • WiMAXルーター本体
  • Speed Wi-Fi NEXT設定ツール
  • HiLinkアプリ

今回は一番わかりやすいWiMAXルーター本体での設定方法を紹介します。

ハイスピードプラスエリアモードへの切り替え方法

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
今回はW06での通信モードの切り替え方法を紹介します。

ハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは下記の手順となります。

  1. W06本体のホーム画面より[通信モード設定]をタップ
  2. 通信モード設定でハイスピードプラスエリアモードをタップ
  3. 注意画面にOKをタップ(この時点で月額1,005円が発生します)
  4. ハイスピードプラスエリアモードがONになっているのを確認して完了

通信モードがハイスピードプラスエリアモードになっているかは、モバイルルーターなら画面に下記のように表示されます

HS ハイスピードモードで接続状態
HS+A ハイスピードプラスエリアモードで接続状態
HS+A(緑) ワンタイムHS+A(ハイスピードプラスエリアモード)で接続状態

ハイスピードプラスエリアモードの解除方法

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの解除方法は、設定方法とほとんど同じです。

  1. W06本体のホーム画面より[通信モード設定]をタップ
  2. 通信モード設定でハイスピードモードをタップ
  3. ハイスピードエリアモードがONになっているのを確認して完了
サル
サル
ハイスピードプラスエリアモードは手動でしか解除できないの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ワンタイムHS+Aモードにすれば、自動で解除できるよ。

ワンタイムHS+Aの通信量制限で自動解除がおすすめ

ワンタイムHS+A(ハイスピードプラスエリアモード)とは…
ワンタイムHS+Aとは、「ハイスピード」モードで通信できないエリアに移動した際に、一時的に「ハイスピードプラスエリア」モードに切り替えたいときに使用するモードです。ハイスピードプラスエリアモードを使用中に通信データ容量が設定した数値に達したときに自動で解除する機能があります。

ユーザーが最大データ通信量を設定し、そのデータ容量に何パーセントまで達したら自動的にハイスピードモードに切り替えるのか設定できます。ハイスピードプラスエリアモードの使いすぎを防ぐことが可能です。

ワンタイムHS+Aの設定は下記の3つで行えます。

  • WiMAXルーター本体
  • Speed Wi-Fi NEXT設定ツール
  • HiLinkアプリ

W06での設定方法は下記となります。

  1. W06本体のホーム画面より[通信モード設定]をタップ
  2. 通信モード自動切換をタップ
  3. 通信モード自動切換をオンにして、最大データ通信料設定を設定する(初期値7GB)
  4. HSに切り替えるデータ通信料設定で、最大データ通信量から何パーセントに達したらHSに切り替えるかを設定する(初期値90%)
  5. 画面右上のチェックをタップし、注意画面で内容を確認してOKをタップ

以上で設定は完了となります。ワンタイムHS+Aに切り替わっているかどうかは、WiMAXモバイルルーターの画面をチェックしましょう。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
W06ではHS+Aの表記が緑色ならワンタイムHS+Aに切り替わっている表示です。

ハイスピードプラスエリアモードが使えるWiMAX機種一覧

ハイスピードプラスエリアモードが使えるWiMAXルーターは下記になります。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX06
  • WiMAX HOME 02
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L01/L01s
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT W02

次の表は、それぞれのスペックを比較したものになります。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX06 WiMAX HOME 02 Speed Wi-Fi HOME L02 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi HOME L01/L01s Speed Wi-Fi NEXT WX04 Speed Wi-Fi NEXT W04 Speed Wi-Fi NEXT W03 Speed Wi-Fi NEXT W02
タイプ モバイル モバイル ホーム ホーム モバイル モバイル ホーム モバイル モバイル モバイル モバイル
下り最大速度 1.2Gbps 440Mbps 440Mbps 1.0Gbps 758Mbps 440Mbps 440Mbps 440Mbps 758Mbps 370Mbps 220Mbps
上り最大速度 75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 112.5Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 37.5Mbps 25Mbps 10Mbps
バッテリー時間 540分 690分 なし なし 690分 690分 なし 630分 540分 610分 420分
メーカー HUAWEI NEC NEC HUAWEI HUAWEI NEC HUAWEI NEC HUAWEI HUAWEI HUAWEI

※表は左右にスクロールできます
表にあるように、W06の下り最大速度は1.2Gbpsと飛びぬけて速いです。上り最大速度はW05の方が優れていますが、インターネットを快適に楽しむなら下り最大速度が速いW06を選ぶべきです。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ルーターは最新機種の方が優れているため、W05やWX05のような古い機種を選ぶのはリスクがあります。

ハイスピードプラスエリアモードが無料で使える3年契約可能プロバイダ

ハイスピードプラスエリアモードが無料で使える3年契約可能プロバイダ
サル
サル
ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えるプロバイダってどれ?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
2020年9月時点で無料なのは下記のプロバイダだよ。
  • Broad WiMAX
  • GMO とくとくBB
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX
  • ビックカメラ WiMAX
  • ヨドバシカメラ WiMAX

次の表はハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できるWiMAXプロバイダの料金を比較したものになります。

Broad WiMAX GMO とくとくBB カシモWiMAX So-net ビックカメラWiMAX ヨドバシカメラWiMAX 
事務手数料 0円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
端末代 0円 0円 0円 0円 15,000円 15,000円
月額料金 1~2ヵ月目:2,726円
3~24ヵ月目:3,411円
25ヵ月目以降:4,011円
1ヵ月~2ヵ月目:3,609円
3ヵ月目~:4,263円
1ヵ月目:1,380円
2ヵ月~24カ月目:3,580円
25ヵ月目~:4,079円
1~12ヵ月目:3,380円
13ヵ月目~:4,379円
3年プラン・1ヵ月目~:3,880円
期間条件なし・1ヵ月目~:4,050円
1ヵ月目~:4,268円
3年総額 131,326円 155,160円 132,668円 148,656円 3年プラン:154,680円
期間条件なし:163,800円
171,648円
キャッシュバック金額 なし 最大30,000円
(W06:26,500円)
なし なし なし なし
キャッシュバック込みの3年総額 131,326円 128,660円 132,668円 148,656円 3年プラン:154,680円
期間条件なし:163,800円
171,648円

※表は左右にスクロールできます
ハイスピードプラスエリアモードが無料のプロバイダで、キャッシュバック込みの3年総額が安いのは下記の2つになります。

Broad WiMAX 月額料金がWiMAXプロバイダのなかでもトップクラスに安い
GMO とくとくBB キャッシュバック込みだと、トータルで支払う金額が最も安い
ただし、キャッシュバックを受け取る難易度は高い

どちらも月額料金やキャッシュバックキャンペーンがお得なWiMAXプロバイダとなっており、コストパフォーマンスにこだわる方におすすめのプロバイダです。

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。

 

RELATED POST