【23社比較】2021年2月最新!WiMAXプロバイダおすすめ4選

WiMAXのクレードルを使う意味【必要なのはこんな人】

サル
サル
  • WiMAXのクレードルってなに?
  • WiMAXのクレードルはなにができるの?

WiMAXを購入する際にクレードルをセットで勧められますが、クレードルがどんな製品で、どんなメリットがあるのか分かりづらいです。

ですが、クレードルがあればWiMAXの使い方が幅広くなり、人によっては必要になります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここでは、WiMAXのクレードルに関わる次の点について詳しく解説していくよ。
この記事で分かること
  • WiMAXのクレードルを使う意味と効果
  • WiMAXのクレードルが必要になる人
  • WiMAXのクレードルに関する疑問点への回答

WiMAXのクレードルとは?クレードルを使う意味

WiMAXのクレードルとは、WiMAXの拡張機器を指します。WiMAXを購入する際の標準セットに入っておらず、オプションとして別売りのクレードルを購入するかどうか聞かれます。

昔のガラケーやスマートフォンの充電台のように、置くことで充電ができたり、有線LANケーブルを接続するといった、WiMAXのルーター単体ではできなかったことが可能になるアイテムです。

クレードルを使うと便利になるポイントは4つあります。

  1. 有線LANでWi-Fi非対応のPCも接続可能
  2. 光回線やADSLを無線化(Wi-Fi化)できる
  3. 充電スタンドで充電が楽になる
  4. 電波状況が改善する効果がある

クレードルを使う意味と効果がどのようなことなのか、順番に解説します。

①有線LANWi-Fi非対応のPCも接続可能

クレードルと有線LANを使えば、Wi-Fi非対応のパソコンと繋げてWiMAXが利用可能になります。

実は古い機種のデスクトップパソコンやノートパソコンにはWi-Fiを始めとした無線通信が搭載されていません。

後付けの無線LAN子機を購入するなどの対処方法もありますが、OSも古く、ドライバーが反応しないなどの問題もあります。

クレードルがあれば、この問題は解決します。WiMAXをクレードルにセットし、無線通信のないパソコンと有線LANで接続すれば、WiMAXを介した無線通信が可能となりインターネットに接続できます。

Wi-Fi接続に対応していない古いパソコンでも、クレードルを使えばWiMAXが使えるのは便利です。

②光回線やADSLを無線化(Wi-Fi化)できる

クレードルがあれば、自宅にある光回線やADSLといった固定回線を無線化することができます。

やり方は簡単で、光回線やADSLから伸びている有線LANケーブルを、WiMAXをセットしたクレードルにセットすれば、WiMAXが無線ルーターへと変身します。

自宅の無線化以外にも、たとえば出張先のホテルの回線を無線化することもできます。

クレードルは小型なため、自宅に置いていてもスペースを取りません。出張先や旅行先にも持って行きやすいサイズとなっています。

固定回線に接続すれば、WiMAXの回線を使わずにインターネットに繋げられるのが大きなメリットです。 

なぜなら、WiMAXには3日間での通信量が10GB以上を越えると通信速度が遅くなる」という通信制限があります。固定回線を利用すれば、この通信制限を回避できます。

出張先や外出先でWiMAXの通信速度が低下しないように、固定回線で節約したいという方にクレードルは必要です。

③充電スタンドで充電が楽になる

クレードルは充電スタンドとしても使えます。WiMAXの大きさにピッタリと合うようにデザインされているため、置くだけでそのまま充電ができます。

WiMAXはクレードルがなくても充電はできますが、付属ケーブルや別売りのACアダプタをコンセントに設置するという手間が掛かってしまいます。

クレードルなら、置く場所を決めておけばいつでもすぐに充電ができます。また、置く場所を決めておくことで、WiMAXを持って行くときに探すという面倒が起きません。

WiMAXを持って出かけようとして、充電をし忘れたという経験がある方は、クレードルの便利さが分かるはずです。

④電波状況が改善する効果がある

WiMAXをクレードルにセットして使うと電波状況が改善する可能性があるとされており、プロバイダの公式ホームページではクレードルの推奨がされています。

サル
サル
どうして電波状況が良くなるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
電波状況が良くなるのは、2つの理由があるからだよ
  • WiMAXと端末の間が有線LAN接続になって電波が干渉されない
  • WiMAXを電波が拾いやすい縦置きにでき、電波を入りやすくする内蔵アンテナが搭載されている場合がある

WiMAXをクレードルに設置して端末(パソコンやPlaystation4)と有線LAN接続をすれば、少なくともWiMAXと端末の間の通信状況が安定します。

基本的に、クレードルを使わずにWiMAXルーターを利用する場合、パソコンやPlaystation4、スマホ、タブレットとWiMAXは無線通信で繋がっています。

無線通信に使う電波の周波数は2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がありますが、2.4GHz帯は家庭内の様々な機械から発信されています。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
家庭内で2.4GHzを発する機械の代表例です。
  • Bluetooth接続のキーボードやマウス
  • コードレス電話機
  • 電子レンジ

同じ周波数帯の電波は干渉しやすく、通信速度が低下したり、あるいは接続が落ちてしまう原因になります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
電子レンジを使用中にスマートフォンのインターネット接続が悪くなるのは、電子レンジから出ている電波が干渉しているからです。

5GHz帯は、2.4GHz帯に比べるとあまり使われていない周波数のため電波干渉は少ないです。しかし、壁や天井、家具といった障害物があると電波が遠くまで届きにくいという弱点があります。

WiMAXは自宅のように障害物が多く、ほかにも電波を発信している場所だと繋がりが悪くなるという弱点があります。

クレードルがあれば、少なくともパソコンやPlaystation4といった有線接続可能な端末とWiMAXまでの接続を有線LANで行えるので、安定した通信が可能になります。 

また、電波状況が改善される理由の一つにクレードルを使用するとWiMAXが縦に置けて、電波を拾いやすくなるという指摘があります。

ほかにも、プロバイダやメーカーによって異なりますが、クレードルには電波の入りを良くするための拡張アンテナが内蔵されている場合もあり、拡張アンテナによって電波が拾いやすくなるといった理由もあります。

以上のことから、電波状況を改善するならクレードルを利用するべきだと言えます。

WiMAXのクレードルは基本いらない

 クレードルはWi-Fi接続のない古いパソコンを無線化したり、固定回線を無線化する、電波状況を改善するといった効果が期待できます。

 一方でクレードルはいらないという意見もあります。

このようにSNSでもクレードルをいらない、使っていないとコメントは少なくありません。

サル
サル
なんでクレードルはいらないの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
クレードルをいらないという理由は、4つあるよ。
  • クレードルなしでも充電に困らない
  • 有線LANを使う機会が基本的にない
  • 回線を無線化するならWi-Fiルーターの方が良い
  • キャッシュバックが減るなどコストもかさむ

どうしてクレードルがいらないのか、理由を順番に解説します。

いらない理由①クレードルなしでも充電に困らない

WiMAXルーターを購入すれば、USBケーブルがセットになっており、USBケーブルで充電ができます。

パソコンのUSBジャックやスマートフォン・タブレットのACアダプタと接続すれば充電できるため、クレードルを使わずに充電することは可能です。

基本的にWiMAXを購入してもACアダプタがセットになっていない場合が多いです。ACアダプタが必要なら、自分で購入することになります。

クレードルがあれば便利ではありますが、最近はスマートフォンやタブレットにUSBケーブルが取り外し可能なACアダプタが増えています。

ですから、クレードルなしでも充電に困ることは滅多にありません。

いらない理由②有線LANを使う機会が基本的にない

古いパソコンには無線通信がないため、有線LANを使用しないとインターネットに接続できません。

しかし、ここ10年以内に販売されたパソコンなら、ほぼ確実に無線通信が内蔵されています。

10年以上前に販売されたパソコンはOSが古い、動作が安定しないなどのリスクがあるため、使用は避けた方が望ましいです。

以上のことから、クレードルと有線LANがなければ無線化できないというパソコンを使っているという機会は基本的にありません。

いらない理由③回線を無線化するならWi-Fiルーターの方が良い

固定回線を無線化するための方法はWiMAX以外に、Wi-Fiルーターがあり、スペックやコストパフォーマンスを比較するならWi-Fiルーターの方が優れています。

たとえば、UQ WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W06は下り最大速度が1.2Gbpsに対して、NECAterm WG2600HP3 PA-WG2600HP31.7Gbpsです。

どちらも理論値ではありますが、速度に大きな差があります。

ほかにも、混雑していない周波数帯を自動で選択、対応端末に集中的に電波を送信、ワイルドレンジアンテナ、子供安心ネットタイマーなどの機能をWi-Fiルーターは多数搭載しています。

これだけ高性能多機能ながら、価格はWiMAXの本体端末代金よりも安いです。

コストパフォーマンスとスペックを考えると、自宅の固定回線を無線化するなら、Wi-Fiルーターの方が良いです。

ただし、Wi-Fiルーターは持ち運びしにくいサイズとなっており、出張や旅行先のホテルで固定回線を無線化するならWiMAXの方が便利です。

いらない理由④キャッシュバックが減るなどコストもかさむ

プロバイダによって異なりますが、クレードルをセットで購入するとキャッシュバックが減る場合があります。

たとえば、2020年6月現在、GMOとくとくBBでは6月のキャンペーンとして、最大27,200円のキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

このキャンペーンでクレードルを希望した場合、クレードルは無料となりますが、キャッシュバックが24,200円に下げられてしまいます。結局、クレードルの料金を支払ったのと同じ形になります。

以上の理由から、クレードルはWiMAXを使う際に必ずしも必要だとは言えません。

WiMAXのクレードルが必要な人

WiMAXのクレードルはメリットとデメリットがあり、必要な人には必要なアイテムと言えます。では、どんな人にクレードルが必要なのか解説します。

Wi-Fi非対応のパソコンを使いたい人

自宅でWi-Fi非対応のデスクトップパソコンやノートパソコンを無線化したい方に、クレードルは必要だといえます。

デスクトップパソコンはノートパソコンに比べるとスペースを多くとり、置く場所を選びます。自宅の間取りによっては、有線接続するのに長い有線LANが必要というケースも珍しくありません。

また、ノートパソコンでも仕事や作業できる場所が限られており、そこまで有線LANを繋げられないという場合もあります。

WiMAXとクレードルがあれば、それらの悩みを解消できます。Wi-Fi非対応のパソコンのすぐ傍にクレードルを設置して有線LANで接続すれば、すぐにインターネットに接続できます。

自宅にインターネット回線がなく、Wi-Fi非対応のパソコンを使用している方にもクレードルは必要です。

②充電時にケーブルの抜き差しが面倒な人

製品にもよりますが、WiMAXのバッテリーは9時間前後となっており、通信速度を重視したハイパフォーマンスモードにしていればもっと短くなります。

仕事などで1日中通信を繋げたままにしていると、翌朝にはバッテリーが少なくなっていて充電が必要になります。

仕事や用事で忙しくてUSBケーブルに繋げ忘れるというミスはよくありますが、それで外出先でインターネットに繋がらないのはピンチです。

クレードルがあれば、そんなピンチも回避できます。充電時にケーブルの抜き差しという面倒な手間が掛からず、クレードルに置くだけで充電ができます。

また、WiMAXは持ち運びしやすいサイズになっていますが、どこに置いたのか忘れてしまい探し回るというトラブルも起きやすいです。

クレードルで充電すれば、同時に端末の置き場所を決められるため、WiMAXを探して約束や仕事に遅れるといった状況を回避できます。

③少しでも電波状況を改善したい人

クレードルを使う最大のメリットは電波状況の改善です。SNSでクレードルを使ったことで電波状況が改善したというコメントを集めてみました。

多くの方が、クレードルを使って電波状況が改善したとコメントしています。

上記でも説明した通り、クレードルをWiMAXにセットして使用すると電波状況が改善される可能性があります。

自宅でWiMAXを利用していて、電波が安定しない、速度が遅いと感じた方はクレードルを使用してみましょう。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ただし、全てのWiMAXで電波状況が改善されるとは限りせんので注意しましょう。

WiMAXのクレードルの価格と販売店は?

クレードルはWiMAXを購入する際にプロバイダからセットで購入するの、あとからECサイトや販売店で購入することができます。

ただし、端末の種類や販売店によって価格は違います。下図は20206月時点でのそれぞれの端末に対応する別売りクレードルの税込価格になります。

UQ公式 Amazon 楽天 ヤフーショッピング ビックカメラ ヨドバシ
W06 クレードルなし
WX06 3,980円 取扱なし 3,980円 2,800円 取扱なし 3,980円
W05 取扱なし 9,700円 10,479円 3,800円 3,180円 3,180円
WX05 4,054円 3,300円 3,691円 2,000円 4,050円 4,050円
W04 取扱なし 5,600円 6,810円 2,600円 3,180円 3,180円
WX04 4,054円 2,480円 4,015円 4,010円 4,370円 4,370円
W03 取扱なし 5,980円 7,247円 7,996円 3,025円 2,960円
WX03 3,921円 1,480円 2,420円 1,500円 3,916円 3,920円

無料で手に入るプロバイダもある

上記のようにクレードルは別売りで販売されています。ですが、プロバイダのキャンペーンによっては、クレードルを無料で手に入る場合もあります。

ただし、クレードルは無料になる代わりにキャッシュバックが減るなどのマイナスポイントがあるかもしれません。

無料という言葉だけに惑わされず、本当にクレードルが必要なのか検討した上で購入するかどうか決めましょう。

WiMAXのクレードルに関するQ&A

ここではWiMAXのクレードルに関するQ&Aについて解説します。

他の端末のクレードルを使い回しできる?

不可能ではないがメーカー側はクレードルの使いまわしを推奨していません。

クレードルの充電方法はUSBポートに差し込むため、USBポートのタイプが一致していれば充電をすることが可能です。

たとえば、WX04WX05は充電する箇所がUSBポート(Type-C)のため、WX04のクレードルにWX05を差して充電することはできます。

ですが、WiMAXを接続した状態で有線LAN接続をしようとしても通信はできません。ビームフォーミング機能も作動しているかどうか不明です。

以上のことから、ほかの端末のクレードルとUSBポートの形状が一致していれば充電は可能ですが、有線LAN接続といったほかの機能は使えません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
メーカー側もクレードルの使いまわしは推奨していません。クレードルの使いまわしで故障しても、補償されない可能性があるため止めておきましょう。

クレードルに挿しっぱなしでもバッテリーに影響ない?

クレードルに挿したままWiMAXを使用するとバッテリーは劣化しますが、バッテリーが劣化するのはクレードルだけが原因ではありません。

WiMAXのバッテリーは熱に弱く、充電が満タンのまま長時間使用すると端末に熱がこもり高温となってバッテリーが劣化します。

ですが、熱がこもるのはクレードルに挿したまま利用しなくても発生し、USBケーブルで充電しているときにも起きます。

つまり、クレードルを利用しているからバッテリーが早く消耗するということではありません。

WiMAXのバッテリーは通常使用でも劣化していき、おおよそ2年も使い続ければ電池の減りが速くなってきます。劣化その物を防ぐのは難しいため、劣化の速度を抑えるのかがポイントになります。

繰り返しになりますが、バッテリーが劣化する原因は熱です。ですから、必要のないときは充電をせず、日差しの強い所に置いておくのは止めておきましょう。

また、バッテリー保護モードを利用してバッテリーの劣化を防ぐという方法もあります。

バッテリー保護モードとは・・・
クレードルなどで充電中に、端末が充電し過ぎないようにコントロールして、バッテリーの劣化を防ぐ機能

ただし、このバッテリー保護モード機能は端末によって搭載していない場合もあるため、自分で確認をしましょう。

クレードルにACアダプタはついてる?

クレードルにACアダプタは付きません。WiMAXを購入すると付属されるのは、USBケーブルのみです。

コンセントから給電するなら、USB型の差し込み口のあるACアダプタが必要です。

Amazonや楽天市場で販売されており、スマートフォン・タブレットに付属するACアダプタをそのまま使う事も可能です。

また、USBケーブルをパソコンに接続してパソコンから給電しながら、WiMAXでインターネットに繋げるといったことも可能です。

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。

 

RELATED POST