WiMAX

WiMAXの5GHzと2.4GHzの違いと切り替え手順【注意点も解説】

サル
サル
WiMAXには2種類の周波数があるって聞いたんだけど、どう違うの?

WiMAXの周波数には5GHzと2.4GHzの2種類があるという話を聞いたことがあるかもしれません。でも、どう違うのか、どのように使い分ければいいのかはあまり知られていません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
この記事では、5GHzと2.4GHzの特徴や使い分け方を紹介するよ。状況に応じて使い分けることで快適なインターネットを楽しめるので、しっかり解説するね。
この記事で分かること
  • 5GHzと2.4GHzのメリット・デメリット
  • WiMAXでの5GHzと2.4GHzの使い分け方
  • WiMAXでの5GHzと2.4GHzの切り替え設定の手順
  • WiMAXで5GHzに切り替える時の注意点

そもそもGHzとは?

GHzとは、電波の周波数単位のことです。「ギガヘルツ」と読みます。

目には見えませんが、わたしたちの生活には電波がたくさん活用されています。スマートフォン以外にもテレビや気象レーダー、ワイヤレスICカードシステムから医療分野まで様々な分野で使われていますね。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
その中でも、無線LANで使用できる周波数は5GHzと2.4GHzと法律で決まっています。

周波数の数字が大きければ大きいほど、高速通信ができるようになります。ですから、2.4GHzよりも5GHzのほうが高速通信ができるということですね。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、一緒に見ていきましょう。

WiMAXの5GHzと2.4GHzの周波数帯の違い

WiMAXの5GHzと2.4GHzの周波数帯の違いを簡単に表にすると以下の通りです。

メリット デメリット
5GHz 2.4GHzより速い
安定性がある
障害物に弱い
2.4GHz 障害物に強い
対応機種が多い
5GHzより遅い
安定性がない

では、これらを詳しく解説していきます。

5GHzのメリット・デメリットを詳しく解説

まずは5GHzのメリットとデメリットから見ていきましょう。5GHz帯は、新しく規格化された周波数帯で高速通信が可能となっています。

5GHzのメリット

5GHzのメリットとして以下の点が挙げられます。

  • 2.4GHzより通信速度が速い
  • 繋がりやすく安定している

5GHzの周波数は、対応機器がまだ少なく電波が干渉することはほとんどありません。そのため繋がりやすく安定していると言えます。

そして、2.4GHzと比べて通信速度が速いので動画の再生も快適に行えますし、大容量データのダウンロードもスムーズに行うことができます。

5GHzのデメリット

5GHzのデメリットは次のような点です。

  • 障害物に弱く、距離が遠くなると電波が弱くなる
  • 昔のWi-Fi端末だと対応していないものもある

5GHz帯は新しい規格の周波数のため、昔の通信機器だと対応していないものもあります。また、5GHzは部屋の壁や床などの障害物に弱いという特徴があります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
自宅内でも、ルーターが別の部屋にあったり通信距離が長かったりすると不安定になるので気をつけましょう。

2.4GHzのメリット・デメリットを詳しく解説

2.4GHzの周波数帯は昔から使われてきました。2.4GHzのメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

2.4GHzのメリット

2.4GHzのメリットとして以下の点が挙げられます。

  • 障害物に強く、電波が遠くまで届く
  • いろいろなWi-Fi端末が対応している

2.4GHzは障害物に強いという特徴があるため、壁や扉越しでも電波が届きやすいというメリットがあります。自宅の1階にルーターを置いたまま、2階の部屋でPCやスマホを使うなんてこともできますね。

2.4GHzのデメリット

逆に2.4GHzのデメリットは次のような点です。

  • いろいろな製品で使用されているため、混雑し不安定になりやすい
  • 規格が古いので、速度が劣る

2.4GHz帯は昔から使われてきた周波数で、様々な電子機器が対応しています。たとえば、以下のようなものもそうです。

  • スマートフォン
  • ノートPC
  • 電子レンジ
  • コードレス電話
  • ガレージを開けるリモコン

上記にあげたもの以外でも、わたしたちの身の回りには電波を使用する機器がたくさんあります。

サル
サル
いろんな製品で使われているから、お互いに干渉しちゃって不安定になることがあるんだね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そうだね。あと、新しい規格の5GHzに比べて通信速度は遅めというのもデメリットだね。

WiMAXでの5GHzと2.4GHzの使い分け方

5GHzと2.4GHzのメリット、デメリットを見てきました。特徴を理解した上で、それぞれに合った使い方をすることで快適な通信環境を作りましょう。

5GHzの方が良い場合

5GHzの方が良い場合は、PCやスマホとルーターとの間に障害物がない時です。

たとえば、同じ部屋の中などルーターとの距離が近い時は5GHzをおすすめします。通信速度も速いですし、ストレスなくインターネットを楽しめます。

2.4GHzの方が良い場合

逆に2.4GHzの方が良い場合があります。それは、PCやスマホとルーターとの間に障害物がある場合です。

たとえば、別の部屋や外で使うときなどは2.4GHzのほうが安定して接続できる場合があります。

WiMAXでの2.4GHzと5GHzの切り替え設定の手順

では、実際に2.4GHzと5GHzを切り替える方法を解説します。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
今日はWiMAXルーターのW06を例に解説しますね。

W06の初期状態は2.4GHzになっています。5GHzの切り替え手順は以下の通りです。

  1. 「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」の順番でタップし設定
  2. 充電中の場合、利用する場所が屋内か屋外か確認するポップアップが出るので、どちらか選択
  3. ディスプレイに5GHzの表示がされたことを確認

5GHzから2.4GHzに切り替えたい場合も同じです。「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」の順番でタップし設定しましょう。

WiMAXで5GHzに切り替える時の注意点

WiMAXで5GHzに切り替える時の注意点があります。法律も関係してくる点がありますので、しっかりと確認なさってください。

5GHzの帯に対応しておらず、通信接続できない機器(パソコンなど)もある

5GHzに切り替える時の注意点1つ目は、対応していない通信機器もあるということです。特に古い通信機器だと5GHz帯に対応していない可能性があります。

サル
サル
どうしたら対応しているかどうか調べられるかな?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
仕様書やパッケージ、メーカーのホームページに対応する周波数が記載されているよ。

ただ、5GHzに対応していない機器にも、5GHzに対応した無線LANアダプタを使用することによって接続可能です。パソコンの場合、USBポートに挿すタイプが多く、とても小さなものからアンテナタイプまでいろいろあります。

屋外で使う場合は(屋外モード)に切り替える必要がある

5GHzに切り替える時の注意点2つ目は、屋外で使う場合に「屋外モード」に切り替える必要があるということです。

5GHz帯の電波の中には、法律によって屋外での使用が禁止されているものがあります。なぜかというと、5GHz帯の中には気象レーダーやGPS衛星など、とても大切な設備でも使用されているため、干渉することは絶対に避けなければいけないからです。

外で使用するときは、必ず「屋外モード」になっているか確認してから使用しましょう。

詳しくは総務省のHPでも確認することができます。

5GHzと2.4GHzを同時に使える機種もある

ここまでで5GHzと2.4GHzの特徴を考え、状況に応じた使い分けをおすすめしてきましたが、実は5GHzと2.4GHzを同時に使うことができるルーターがあります。

とても便利なルーターですので、ご紹介します。

5GHzと2.4GHzを同時に使えるモバイルルーター

WX06は、5GHzと2.4GHzを同時に使える便利なモバイルルーターです。

引用:uqwimax.jp

これまでのモバイルルーターは、5GHzか2.4GHzのどちらかにしか接続できませんでした。

でもこの新しいWX06は同時通信に対応しているため、周波数によって通信先を振り分けることができます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
しかも、自動で最適な周波数帯に繋がるので、とても便利ですね。

ホームルーターは全て5GHzと2.4GHzを同時に使える

ホームルーターの場合は、全ての機種で5GHzと2.4GHzを同時に使うことができます。

ホームルーターとは・・・

家に据え置きで使うルーターのこと。モバイルルーターは持ち運びに便利なのに対し、ホームルーターは家のコンセントに接続し使用する。

5GHzと2.4GHzを同時に使うことができるので、プリンターやゲーム機など2.4GHzにしか対応していないものは2.4GHzで接続し、高速通信がしたいスマートフォンやPCやスマホは5GHzに接続することが可能です。

WiMAXで5GHz帯でも繋がらない・遅い場合の対処法

サル
サル
5GHzに切り替えてみたんだけど、すごく遅い気がする・・・
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
いくつか考えられる原因と対処法があるから、見てみようか。

①通信制限やエコモード状態を確認する

データの使いすぎによる通信制限がかかっていないでしょうか。「ギガ放題プラン」であっても3日で10GBを超えてしまうと通信制限がかかります。

通信速度がかかると、1Mbpsまで速度が落ちてしまいますので、遅いなと感じた日の18時~翌2時までは我慢しましょう。

また、エコモードになっていると通信速度は落ちます。エコモードはバッテリーの消費は抑えられますが、そのかわり通信速度を抑える設定です。

エコモードになっていないか確認しましょう。

②エリア移動する

WiMAXのサービスエリアは、全国どこでもという訳ではありません。お出かけ先で使用していて、繋がらないなと感じたのであれば、サービスエリア外の可能性があります。

UQ WiMAXの公式サイトでエリア判定をすることができます。確認してみましょう。

③ハイスピードプラスエリアモードを使う

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX 2+と4G LTEを使って通信する動作モードです。

このモードを使うと、より高速に、より広範囲に通信を行うことができます。

注意:ハイスピードプラスエリアモードは月間7GB制限があり、7GB制限がかかってしまうとギガ放題プランのハイスピードモードも道連れで制限がかかってしまいます。

また、ハイスピードプラスエリアモードを1度でも使用すると1,005円/月の追加料金がかかります。

WiMAXの5GHzと2.4GHzに関するQ&A

さいごに、5GHzと2.4GHzに関するよくある質問にお答えします。

5GHzは有料?無料?2.4GHzと料金は違う?

5GHzと2.4GHzのどちらも同じ金額で利用できます。5GHzを使用したからといって、プラスで料金がかかることはありません。

自分のライフスタイルにあった周波数を選び、シーンによって切り替えましょう。

5GHz優先機能とは?

2.4GHzと5GHzのどちらにも対応している機器に接続している場合、5GHzの周波数の方が電波レベルがいいときに、自動的に5GHzへと切り替えてくれる機能のことです。

5GHzのほうが干渉が少ないので、通信速度の向上を期待できます。

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。