【23社比較】2021年2月最新!WiMAXプロバイダおすすめ4選

TryWiMAXでお試しする際の全注意点【その他のお試し方法も解説】

サル
サル
Try WiMAXってどんなサービスなの?どうやって申し込めばいい?

TryWiMAXの注意点を知りたい・・・

WiMAXには15日間無料でお試しができる、TryWiMAX(トライワイマックス)というサービスがあります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ここでは、TryWIMAXのサービス内容から利用手順や注意点までを余すことなく解説していくよ!
この記事で分かること
  • TryWimaXのサービス内容が分かる
  • TryWiMAXの利用条件が分かる
  • TryWiMAXの申し込み手順が分かる
  • TryWiMAXの注意点が分かる
  • TryWiMAXの気になる点も分かる

目次はこちら
  1. WiMAXを無料お試しできる「TryWiMAX」のサービス内容
  2. TryWiMAXでお試しする前にエリア判定をしておこう
  3. TryWiMAXの利用条件
  4. TryWiMAXの申し込み方法〜利用手順
  5. TryWiMAXでお試しレンタルする際の注意点6つ
  6. TryWiMAXに関するよくあるQ&A
  7. その他WiMAXをお試しする方法

WiMAXを無料お試しできる「TryWiMAX」のサービス内容

WiMAXを無料お試しできる「TryWiMAX」のサービス内容「TryWiMAX」のサービス内容について解説します。

TryWiMAXの最大の特徴は15日間、通信料やレンタル料などが一切かからずに無料でWiMAXを利用できることです。

TryWiMAXを試してみることで下記のようなことを確かめられます。

TryWiMAXで確かめられること

  • 通信速度は問題ないか
  • 通信エリアは問題ないか
  • パソコンやスマホにきちんと接続できるか
  • 1日の通信量はどれくらい使うか

TryWiMAXは「 WiMAXを利用してみたいけど、使えなかったらいやだから確認したい。」と契約前の不安を解消したい人のために作られたサービスです。

そのため15日間のお試し期間中は、利用制限などなく正規の契約者と全く同じサービスを利用できます。

たとえば、WiMAXを契約する前は、どれくらい通信量を利用するかを判断するのは難しくプランを決められなかったりしまう。

そんな時に15日間のお試し期間中で、どれくらい利用するかを確認すれば、契約する際のプランを迷うことなく決めることができます。

サル
サル
なるほど!TryWiMAXで試してWiMAXが自分に合っているかを判断するんだね!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そういうこと!メリットばかりでなく、使ってみて初めて気づくデメリットなどもあるかもしれないからTryWiMAXのお試し期間中はとことんWiMAXを使い倒すのが賢いやり方だよ!

TryWiMAXは返却遅延・紛失・破損すると違約金がかかる点は注意

TryWiMAXを利用する際に絶対に覚えておきたいのは、機器返却の遅れ、紛失や破損が起こった場合は違約金がかかるという点です。

特に15日間の期間については1日でも遅れてしまうと違約金がかかってしまうので、機器が送られてきた時に、必ず返却日時を確認しておくようにしましょう。

違約金は最低でも20,000円かかってしまうので、レンタル期間中は注意して扱うのが大事です。

サル
サル
なかなか高い違約金がかかるんだね・・・
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
本体が破損したら20,000円の金額がかかるから、できれば払いたくないよね。

TryWiMAXでお試しする前にエリア判定をしておこう

TryWiMAXでお試しする前にエリア判定をしておこうTryWiMAXでお試しする前に、事前にエリア判定を行いましょう。

なぜなら、WiMAXはどこでも使えるわけではなく、エリアによっては電波が届かないことがあるからです。

サル
サル
危ない危ない、エリア判定する前に申し込むところだった・・・

エリア判定は「WiMAX(ルーター)のサービスエリア」から確認することができます。

WiMAX(ルーター)のサービスエリア

お住まいの都道府県を直感的に選んでいくか、ピンポイントで住所を入力すれば「○・×・△」のエリア判定の結果が出ます。

事前に自分の自宅やよく行く場所が問題ないかを確認しておきましょう。

エリア判定結果が◯でも繋がらない可能性

エリア判定の結果が○であれば、まず問題なくWiMAXの利用は可能です。そのため、TryWiMAXではどれくらいの速度が出るのかなどを確認すると良いでしょう。

ただし、まれにエリア判定の結果が◯でも繋がらない可能性があります。

あなたの利用する場所が下記のような場所を想定している場合は、きちんと電波が届くかどうかTryWiMAXで確認すると良いです。

エリア判定が○でも確認が必要なエリア

  • 建物が密集している場所
  • 建物内部での窓から離れた場所
  • 地下の電波が届きにくいとされている場所

仕事の勤め先が建物が密集しているビル群である、自分のデスクが窓から離れているなどの場合はTryWiMAXで電波が届くかを確認してから契約することをオススメします。

サル
サル
エリア判定が○でも確認は大事なんだね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
契約する前に確認しておけば、後から後悔はないからね。

エリア判定結果が△ならとりあえずお試ししてみる

エリア判定の結果が△の場合は、TryWiMAXを試してみるのをおすすめします。

なぜなら実際に試さないと、WiMAXが利用できるかどうかが分からないからです。

そのため一度TryWiMAXを試してみて、問題なく利用ができて不便がなければ契約、残念ながら利用ができなければ契約を諦めると判断するのがいいでしょう。

エリア判定結果が×なら他の回線を検討するのがおすすめ

エリア判定の結果が×なら残念ながらWiMAXの利用を諦めて他の回線を検討するのがおすすめです。

TryWiMAXも時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

例えば、自宅だけでWiMAXを利用しようと考えていてエリア外だった場合は、光回線などを検討するのがいいでしょう。

光回線は利用までにコストと時間がかかるというデメリットがありますが、一度開通してしまえば、WiMAXよりも高速な通信が可能です。

また、お得なキャンペーンを行なっていることが多いので、ぜひ確認してみてください。

サル
サル
エリア判定が×の場合は別回線を考えるんだね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
×の場合は残念ながら利用ができないからね。でも、 WiMAXの利用可能エリアはどんどん広がっていっているから、常に最新情報を確認するようにしてみてね!

TryWiMAXの利用条件

TryWiMAXの利用条件TryWiMAXの利用は誰でもできるわけではありません。

下記の条件に当てはまっている人が対象になることを覚えておきましょう。

TryWiMAX利用条件

  • 日本国内在住で20歳以上であること
  • 本人名義のクレジットカードを登録できること
  • 過去180日間にTryWiMAXを利用していないこと
  • 貸出機器の未返却履歴がないこと
  • 利用規約に同意できること

上記の5つに該当できる人がTryWiMAXの利用対象になります。

特に大事なのは「本人名義のクレジットカードを登録できること」です。

サル
サル
TryWiMAXは無料で利用できるのになんでクレジットカードの登録が必要なの?やっぱり隠れてお金を取る気なんだ!!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
サルくん落ち着いて。クレジットカードを登録するのにはちゃんと理由があるんだよ。

TryWiMAXでクレジットカードを登録する理由は下記の通りです。

クレジットカードを登録する理由

  • 利用者に信用があるかを確認するため
  • 未返却や紛失時などに登録したクレジットカードから違約金を請求するため

クレジットカードは一種の社会的ステータスなので、利用できるクレジットカードを持っているだけでWiMAXの機器を貸してもよいかを判断する材料になります。

つまり、クレジットカードを通してWiMAX側はTryWiMAXに申し込む人を信用判断しているのです。

また、先述したようにTryWiMAXを利用している期間内に未返却や紛失などが起こった場合、改めてWiMAX側から利用者に違約金の請求書などを送付すると事務作業の手間や入金されないなどが考えれられます。

そのためクレジットカードの情報をあらかじめ登録してもらうことで、事務作業の手間と違約金を回収できない可能性を下げているのです。

サル
サル
クレジットカードを登録する理由が分かったよ!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
信用してもらうことで、安心してTryWiMAXを利用できるようにしよう!

TryWiMAXを2回目以降も利用できる条件

サル
サル
TryWiMAXは15日間しか利用できないけど、2回目の利用もできるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
条件を満たせば2回目以降も利用できるよ!

TryWiMAXは1回限りの利用ではなく、条件を満たせば2回目以降も利用することが可能です。

2回目以降も利用できる条件は下記の通りです。

2回目以降の利用条件

  • 過去180日間にTryWiMAXを利用していない
  • 貸出機器の未返却履歴がない

先述した『TryWiMAX利用条件』と同様に上記2つが条件になります。大事になるのは1回目を利用した際に、きちんとした対応を取っていたかどうかです。

たとえば貸出期間の1日遅れて返却していたとしたら、もう一度TryWiMAXを利用することはできません。なぜならすでに一度、WiMAXの信用を裏切っているからです。

また、過去180日間に利用していないことも条件になっているので覚えておきましょう。

「2ヶ月前に利用したけど、もう一度利用したい。」というのはできませんので、1回目利用したのはいつかをきちんと把握しておくことが大事になります。

先述した条件を満たせば、TryWiMAXは急にインターネット環境が必要になった場合にも借りることができます。

たとえば出張先のホテルでネット回線が必要、引越しで新しい家に光回線を引くまでに一時的にインターネット回線が必要などです。

賢くTryWiMAXを利用しましょう!

TryWiMAXの申し込み方法〜利用手順

TryWiMAXの申し込み方法〜利用手順TryWiMAXの申し込み方法から利用手順、返却方法について解説します。利用手順は下記の通りです。

TryWiMAX申し込み方法〜利用手順

  1. UQ WiMAXの公式サイトから在庫のある機種を選んで申し込み
  2. ルーター端末が届くので試してみる
  3. 端末等7点をヤマト運輸取扱店(営業所・コンビニなど)から返却する

大きく3つの手順になっています。それぞれの手順でどのようなことを行うかを詳しく解説していきます。

手順①UQ WiMAXの公式サイトから在庫のある機種を選んで申し込み

TryWiMAXは、UQ WiMAXの公式サイトから申し込みを行います。

ここで大事なのは公式サイトから在庫のある機種を選ぶということです。

サル
サル
時期によっては借りられない機種があるってこと?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
貸出している機種には在庫があるから、人気のある機種だと在庫切れで借りられないこともあるんだ。

TryWiMAXの在庫状況は「Try WiMAX レンタル 貸出機器の在庫状況」で確認できます。

在庫状況を確認して「○」の機種であれば、問題なくレンタルすることができます。借りたい機種が「○」かどうかを事前に確認して申し込みを行いましょう。

在庫の確認が済んだら、下記の手順で申し込みを行います。

TryWiMAX申し込み手順

  1. 今一度、利用条件を確認する
  2. UQ WiMAXの公式サイトのTry WiMAXのお申し込みをクリックする(緑色のタブ)
  3. 仮登録画面から電話番号やメールアドレスを登録して「仮登録を完了」をクリックする
  4. 登録したメールアドレスにメールが届くので、8桁の開通コードを確認して「認証URL」をクリックする
  5. 開通コードを入力して「確認する」をクリックする
  6. 申し込み利用画面になるので、借りたい機種、氏名、住所、クレジットカード情報を登録する
  7. 全完了すると本申込完了メールが届くので確認する

一見大変そうに見えますが、画面に沿って進んでいけば迷うことなく進んでいきます。

まず、申し込み画面から「今すぐWEB申し込みでお試し」利用規約に同意します。

今すぐWEB申し込みでお試し

認証URLと、認証コード送付先を入力します。認証コード送付先はSMSか携帯メールを選択できます。

認証URLと、認証コード送付先を入力

「仮登録を完了する」ボタンをクリックすると、入力した電話番号に認証コードが届きます。

「仮登録を完了する」ボタンをクリック

また、入力したメールに認証URLが届きます。

入力したメールに認証URLが届く

認証URLをクリックすると、認証コード入力画面に遷移するので認証コードを入力しましょう。

認証コード入力画面に遷移するので認証コードを入力

次にTryWiMAXでレンタルできる機種の在庫状況が分かります。

TryWiMAXでレンタルできる機種の在庫状況

在庫がある端末を選び、希望配送時間を選択します。

在庫がある端末を選択

個人情報を入力します。

個人情報を入力

連絡先とメールでのご案内にチェックを入れます。(受信しないでもOK)

連絡先とメールでのご案内にチェックを入れる

クレジットカード情報を入力します。

クレジットカード情報を入力

以下のアンケートで当てはまる項目を選択します。慎重にならずにサクサク進めましょう。

アンケートで当てはまる項目を選択

登録完了前の確認にチェックします。

登録完了前の確認にチェック

これで、TryWiMAXの申し込みは完了です。

TryWiMAXの申し込みは完了

全ての手続きが終われば、完了メールが届き、後はレンタルした機種が届くのを待つだけです。

サル
サル
TryWiMAXに申し込んだよ!どれくらい待てばルーター端末は届くのかな?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
申し込み日から概ね1日〜2日程度で登録した住所に届くからゆっくり待てば大丈夫だよ!

手順②ルーター端末が届くので試してみる

TryWiMAXの申し込みからしばらく経つとルーター端末が届くので、さっそく設定をして利用できるかどうかを試していきましょう。

まずは、届いたものが漏れがないかを確認していきます。WiMAXから届くものは下記の通りです。

WiMAXから届くもの

  • WiMAX端末
  • 取扱説明書(つなぎ方ガイド)
  • ACアダプタ/USBケーブル
  • Try WiMAXご返却方法のカード
  • SIM
  • SIM用ケース
  • ナイロンバッグ/緩衝材

上記の7点がWiMAXから届きます。届いたものは返却する必要があるので、失くさないようにきちんと管理をしていきましょう。

届いたものに漏れがないかを確認できたら、さっそくWiMAXルーターの設定をしていきます。
ルーターの設定は下記の通りです。

WiMAXルーター設定手順

  1. WiMAX機器あるいは同封されている説明書や紙に書いてある「SSID」と「SSIDパスワード」を確認する
  2. WiMAXの電源を入れて起動させる
  3. ルーターと接続したいパソコンやスマホから確認したSSIDと同じ文字列のものを選択する
  4. パスワードを求められるので、SSIDパスワードを入力する
  5. 接続したいパソコンやスマホがWiMAXと繋がっているのを確認する
サル
サル
とても簡単にできたよ!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ゆっくりやっても3分ほどで設定ができるから、焦らずに繋げよう!

スマホなどに接続したら、先述したエリアごとにWiMAXを確認していきましょう。

○であればスピードはどうか?△であれば電波を問題なく拾って使えるか?などです。

詳しくは後述しますが、家の1ヶ所だけでなく、さまざまな場所で接続テストを行えばよりWiMAXが自分に合っているかがわかっていきます。

手順③端末等7点をヤマト運輸取扱店(営業所・コンビニなど)から返却する

TryWiMAXレンタル期間中に充分に試したら、最後は期日に遅れることなく返却しましょう。

TryWiMAX返却の手順は下記の通りです。

TryWiMAXの返却手順

  1. 返却物が漏れていないかを確認する
  2. 「着払い伝票」でヤマト運輸取扱店の営業所やコンビニなどから送付する

まずは、手順②で確認した「WiMAXから届くもの」がきちんと揃っているかを確認しましょう。

TryWiMAXで届くもの

引用:uqwimax.jp

どれかひとつでも紛失や漏れがあった場合は、後から違約金を請求されてしまいます。ダブルチェックを行うなどして、抜け漏れがないようにしてください。

全ての準備が揃ったら「着払い伝票」を添付して送付すれば完了です。

コンビニで取り扱えるので、自分の都合のつく時間帯であればいつでも対応が可能です。

また、コンビニでなくても「窓口への持込み、インターネットでの集荷、電話での集荷」などにも対応していますので、臨機応変に対応しましょう。

繰り返しになりますが、何よりも大事なのはきちんと返却物が期日通りにWiMAXに返却されることです。

WiMAXから機器が届いたら、すぐに返却する日をいつにするかを予定に入れておくと良いでしょう。

サル
サル
抜け漏れなく期日通りに返却することが大事なんだね!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
返却でミスをしてしまうと、2度目を借りれないからここは何度も確認して万全にしておこう!

TryWiMAXでお試しレンタルする際の注意点6つ

TryWiMAXでお試しレンタルする際の注意点6つTryWiMAXでお試しレンタルする際の注意点を6つ解説します。

注意点は下記の通りです。

TryWiMAXでレンタルする際の注意点

  • 必ず端末発送日から数えて15日以内に返却先住所に返却完了しなければならない
  • ルーターの破損や紛失はしないようにする
  • 行動範囲(よく行く場所)で繋がるか必ず確認する
  • 通信速度は十分出ているか必ず確認する
  • 同梱のチラシから契約してはいけない
  • 通信速度制限がかかった状態で届くこともある

どれも大切な注意点ですので、ひとつずつ解説していきます。申し込む前や申し込んだ後の確認などで参考にしてください。

注意点①必ず端末発送日から数えて15日以内に返却先住所に返却完了しなければならない

TryWiMAXは、必ず15日以内に返却先住所に返却が完了するようにしましょう。
※返却先住所は住まいによって違います

なぜなら返却日を過ぎてしまうと違約金を支払うことに加えて、2度目をレンタルしようとしてもできないからです。

15日間は「WiMAXから機器が発送されてからWiMAXへの機器が返却するまでの期間」です。

送付されてから15日間利用できるわけではないので、きちんと理解しておきましょう。

実際に利用できる期間は余裕を持って10日程と考えておくとよいイメージです

TryWiMAX利用イメージ(15日間)

  1. 1日目:WiMAXから発送
  2. 2日〜12日目:手元に機器到着。レンタル利用
  3. 13日目:返却発送
  4. 14日〜15日目:WiMAXに機器到着

上記のようなイメージを持っておくと安心です。

なお、TryWiMAXの申込みを14:30までに完了していれば、最短で当日発送が可能となっています。また、到着時間帯の指定も可能なので受け取れる時間帯を選択しておくとよいでしょう。

サル
サル
たしかに10日間くらいと考えておいた方がよさそうだね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
短くなったと感じるかもしれないけど、10日もあればWiMAXが自分に合っているかはわかるから、時間を有効活用しよう!

注意点②ルーターの破損や紛失はしないようにする

TryWiMAXの2つ目の注意点はルーターの破損や紛失は絶対にしないようにすることです。

なぜなら、返却日を過ぎてしまったことと同様に破損や紛失でも違約金が請求されるからです。

そのため、外出先に持ち運ぶ時などは注意を払いながら利用することが大事になります。

万が一、WiMAX端末の紛失や破損をしてしまった場合は下記のお客様サポートセンターに連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

問い合わせ先:UQお客さまセンター
電話番号:0120-929-818
受付時間:9:00~21:00
定休日:年中無休

注意点③行動範囲(よく行く場所)で繋がるか必ず確認する

TryWiMAXの3つ目の注意点は自分の行動範囲で繋がるかを必ず確認することです。

自宅で問題なく繋がったから良いではなく、勤め先や行きつけのカフェ、スーパー、コンビニなど自分の考えうる行動範囲は必ず確認するようにしましょう。

なぜなら、WiMAXエリア判定が「○」の場所でも建物が密集している、地下であるなどの理由から電波が弱くなってしまう、繋がらないなどが起こりえるからです。

実際に契約した後に「実はこの場所は繋がらなかった・・・」ということがないようにしておきましょう。

サル
サル
僕の場合は家と実家とスーパーと図書館とかかな・・・
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そうだね!考えられる場所は時間の許す限り確認しておくと良いね!

注意点④通信速度は十分出ているか必ず確認する

TryWiMAXの注意点4つ目は通信速度が十分に出ているかを確認することです。

なぜなら、エリア判定が「○」の場所でも電波は入ってくるが回線が混雑している、建物の問題で電波が入りにくいなどがあるからです。

サル
サル
でも、どれくらい出ていれば問題ないと考えていいの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
良い質問だね!多くの通信量を使う動画視聴を基準に考えると、YouTubeの高画質動画を見るには5Mbps以上出ていれば良いとされているから、5Mbps以上を基準にしてみてね。

概ね5Mbps以上出ていれば速度は問題ありません。

インターネットは快適に閲覧できるか?SNSは問題なく閲覧できるか?なども確認しておくとよいでしょう。

時間帯や場所によっても通信速度が変わるのであらゆる状況を試しておくと安心です。

また、WiMAXの速度を測るにはアプリを利用するのが最適です。

下記のアプリを利用すればWiMAXの速度が測れますので、ぜひ試してみてください。

速度確認アプリ

注意点⑤同梱のチラシから契約してはいけない

TryWiMAX5つ目の注意点は送付されてくる同梱のチラシから契約してはいけないということです。

サル
サル
え?なんで??すごい親切だし、チラシを確認して申し込めるから簡単そうなのに。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
たしかにそうなんだけど、チラシから申し込むのはメリットが少ないんだ。

チラシからWiMAXを申し込んでしまうと結果的に損をしてしまいます。なぜなら、申し込み時に受けられる特典が受けられないからです。

WiMAXは各プロバイダから申し込むと端末代金の割引、月額料金の割引、キャッシュバックなどの特典を受けることができます。

中にはキャッシュバックで20,000円以上戻ってくるプロバイダもありますので、確認して申し込むのがいいでしょう。

また、どこのプロバイダを利用しても回線は同じのため、サービス品質に違いはないので特典でWiMAXを選んでも問題ありません。

注意点⑥通信速度制限がかかった状態で届くこともある

TryWiMAX最後の注意点はレンタルした機器が通信速度制限がかかった状態で届く可能性があることです。

なぜなら、機器はあらゆる人が使いまわして利用しているので前にその機器をレンタルしていた人が通信制限以上の通信量を使用している可能性があるからです。

速度制限がかかっている状態だと通信速度が128kbpsとなってしまい、動画視聴などが困難になってしまいます。

そのため速度制限を気にしない月初に借りるのがおすすめなので覚えておきましょう。

また、レンタル期間中に速度制限がかかることもあるので、下記の通信量で速度制限がかかることも覚えておきましょう。

WiMAX速度制限

  • ハイスピードモード:3日10GBが上限
  • ハイスピードモードプラスエリアモード:月間7GBが上限
サル
サル
速度制限にかかっていないことを祈りたいな。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
こればかりは前の人の使い方や日付によって変わるから、できる限りの対策を打つしかないんだ。

TryWiMAXに関するよくあるQ&A

TryWiMAXに関する疑問点を解決していきます。

よくあるQ&Aを5つピックアップしてみましたので、気になる点を参考にしてみてください。

TryWiMAXのQ&A

  • ヤマダ電機やビッグカメラ、ヨドバシなどの店舗の店頭で契約できる?
  • ホームルーターもお試しできる?
  • クレジットカードなしでもお試しできる?
  • お試し中ハイスピードプラスエリアモードは使える?
  • デビットカードでもお試しできる?

それぞれ回答していきます。

TryWiMAXはヤマダ電機やビッグカメラ、ヨドバシなどの店舗の店頭で契約できる?

TryWiMAXは店頭での契約はできません。

TryWiMAXの申し込みはUQ WiMAX公式ホームページのみで受け付けています。

店員さんに聞きながらその場で申し込むことはできないので、本記事やHPをきちんと確認しながら申し込む必要があります。

TryWiMAXはホームルーターもお試しできる?

TryWiMAXはホームルーターのお試しも可能です。

お試しができる機種は「Speed Wi-Fi HOME L02」「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の2機種です。

家庭用のルーターをお試ししたい場合は、モバイルルーターではなくホームルーターを選択するとよいでしょう。

TryWiMAXはクレジットカードなしでもお試しできる?

TryWiMAXはクレジットカードが用意できないと利用することができません。

クレジットカードが必要な理由は「利用者に信用があるかを確認するためと未返却や紛失時などに登録したクレジットカードから違約金を請求するため」です。

クレジットカードは必須となっているので、クレジットカードがない場合は作りやすいカードなどを作るなどして対応しましょう。

TryWiMAXお試し中はハイスピードプラスエリアモードも使える?

TryWiMAXでは、ハイスピードプラスエリアモードも問題なく利用ができます。

ハイスピードプラスエリアモードは「au 4G LTE」の携帯電話回線を利用するもので、安定した速度で利用することが可能になります。

WiMAXを実際に利用するときにはオプション料金が必要ですが、TryWiMAXであれば無料で利用が可能です。

一方で月間で7GBを利用してしまうと速度制限がかかってしまうので注意が必要です。

TryWiMAXはデビットカードでもお試しできる?

TryWiMAXはデビットカードでは申し込むことができません。

クレジットカードはどのような場合でも必須になっていますので、必ず用意するようにしましょう。

サル
サル
注意点はいろいろあるけどわかったよ!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
疑問点をなくして、ストレスなくTryWiMAXを利用しよう!

TryWiMAXの申し込みでアクセスエラーになるけどどうすればいい?

TryWiMAXの申し込みでアクセスエラーになるのはブラウザが原因のことが多いようです。

Windowsの「Edge」は非対応なので、ChromeやInternetExplorerに切り替えて申し込みし直してみてください。

TryWiMAXの通信量確認方法は?

WiMAXでは3日間で10GBの通信で、通信制限がかかるためTryWiMAXの通信量を確認したいという方も多いでしょう。

通信量を確認したい場合は、端末ディスプレイの通信量カウンターで確認可能です。ただし、あくまで目安になるのでご注意ください。

その他WiMAXをお試しする方法

TryWiMAXを利用する以外にもWiMAXをお試しする方法があります。

具体的には下記の2つの方法です。

WiMAXのお試し方法

  • Broad WiMAXで8日以内に違約金なしで解約する
  • GMO とくとくBBで8日以内または20日以内に違約金なしで解約する

それぞれの方法について簡単に解説します。

お試し方法①:Broad WiMAXで8日以内に違約金なしで解約する

お試し方法①:Broad WiMAXで8日以内に違約金なしで解約するBroad WiMAXで8日以内に違約金なしで解約する方法です。

Broad WiMAXには契約から8日以内の場合の適用ができる「初期契約解除制度」があるので、この制度を活用します。

初期契約解除制度は下記の2つの手順で行うことが可能です。

初期契約解除制度手順

  1. 端末到着後8日以内に初期契約解除制度を申請
  2. ①後から8日以内に8日以内に同梱物5点(契約端末、SIMカード、ケーブル、保証書、個装箱)を返送

申請方法は電話か書面で可能です。

それぞれの方法は下記の通りです。

申請方法

  • 電話の場合:050-5212-7322に連絡する(営業時間:月曜日〜土曜日11:00-18:00)
  • 書面の場合:初期契約解除申請書のフォーマットを印刷して必要事項を記入して返却物に同封して提出
サル
サル
利用期間は1週間だけどこれもよさそうな制度だね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
たしかに利用しやすい制度だけど費用がかかることを確認しておこう。

また、解約には違約金がかかりませんが、その他の費用がかかることも押さえておきましょう。

必要な費用は下記の通りです。

必要費用

  • 事務手数料:3,000円
  • 端末機器の返送料

TryWiMAXと違い、完全に無料では利用できませんので事前に理解をしておきましょう。

 

お試し方法②:GMO とくとくBBで8日以内または20日以内に違約金なしで解約する

お試し方法②:GMO とくとくBBで8日以内または20日以内に違約金なしで解約するWiMAXの2つ目のお試し方法はGMO とくとくBBで8日以内または20日以内に違約金なしで解約する方法です。

サル
サル
8日以内と20日以内で方法が違うってこと?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そうなんだ!20日以内の解約だと条件が変わってくるから確認しておこう!

8日以内の解約の方法

WiMAXの8日以内の解約は「初期契約解除」での解約方法になります。

下記に記載する端末セット一式を端末到着から8日以内に送付することで解約ができます。

端末セット

  • 端末本体
  • 内装箱
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • USBケーブル
  • 電池パック(内蔵型の機種をのぞく)
  • SIMカード
  • 初期契約解除書面

初期契約解除書面は書式自由なので下記の記入例に沿ってWordなどで作成すれば受理してもらえます。

初期契約解除書面

  • お申込日:20●●年●月●日
  • サービス名:(ご契約のサービス名を記載)
  • 通信料金:(契約書面に記載の月額料金を記載)
  • 上記サービスの契約解除を希望する旨の文言:上記サービスの契約解除を希望します。
  • 契約解除を希望する理由 :理由記載
  • GMOとくとくBB 会員ID :ID記載
  • ご契約者名(フリガナ) :名前(カナ)記載
  • ご契約住所 :登録住所を記載
  • ご契約お電話番号 :登録電話番号を記載

全ての記載が完了したら、下記の住所宛に送付します。

初期契約解除書面・端末返却先住所

〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
GMOとくとくBB 初期契約解除窓口 宛

費用は事務手数料の3,000円のみで済みますので、GMO とくとくBBで8日以内に解約してWiMAXをお試しで利用できます。

20日以内の解約の方法と条件

WiMAXの20日以内の解約方法について解説します。

20日以内の解約は8日以内と比べて条件があるので合わせて確認するようにしましょう。

解約方法はシンプルに下記の宛先に電話をします。

キャンセル申請方法

「GMOとくとくBB」お客さまセンター宛て
TEL:0570-045-109
受付時間:平日10:00 ~19:00

続いて解約ができる条件は下記の3点です。

解約条件

  • 事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨を連絡すること
  • WiMAX2+の契約場所のピンポイントエリア判定が「○」であること
  • 申込日を1日目として、20日以内にGMOとくとくBBに到着するようWiMAX2+端末を返品すること

重要なのはピンポイントエリア判定が「○」であることです。

エリア判定が「△」の場合は受け付けてもらえないので、GMOとくとくBBでWiMAXを試す前にきちんとエリア判定を行うようにしましょう。

また、返品期日も到着までに20日以内になっているので間違えないように注意が必要です。

費用は事務手数料の3,000円とクレードル代金(申し込んだ場合のみ)、返送料がかかりますが、20日以内での返品でもWiMAXを試すことができるので選択肢の一つとして覚えておくと良いでしょう。

 

WiMAX選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「サルでも分かるWi-Fi」が総力を挙げて全24プロバイダを徹底比較し、おすすめを厳選しています。
あなたが選ぶべきプロバイダはどれなのかが分かりますので、WiMAXで迷った時の参考にしてみてください。

 

RELATED POST