通信の知識を高める情報メディア

消費者志向自主宣言

株式会社WACARU NETは、「もっとワカルを、全ての人に」という経営理念のもと、消費者志向経営に取り組むことを宣言します。

理念

私たちは、「もっとワカルを、全ての人に」を企業理念として掲げております。

弊社の運営するメディアに訪れたユーザーが、今まで知り得なかったことを知れることで、分かる喜びを与えることが出来、それによりさらに人生が豊かになっていくと考えております。

具体的な取組方針

1)経営トップのコミットメント

・経営者が直接お客様の声を拾い、その一つ一つに対し、真摯に向き合い対応いたします。
・経営者は、お客様の表面的な悩みだけでなく、その奥に隠れる潜在的な悩みを考え抜き、それを適切に解決するサービスを提供いたします。

2)コーポレートガバナンスの確保

当社が運営するメディアは人々の生活、ひいては人生に影響を与えるため、「正確性」「透明性」「中立性」を確保することが最も重要と考えます。

具体的には以下の行動をしております。

・正確性の確保:
専門家や企業から監修の協力を得て、記事内容の正確性を担保しています。

・透明性の確保:
当社の運営するメディアには、必ず弊社の会社情報を明記し、問い合わせフォームを設けます。

・中立性の確保:
情報の偏りを防ぐため、アンケートを実施して取得したデータを使用し、中立性のある情報発信を行ないます。

3)従業員の意識の醸成

従業員は、ユーザーに対し、分かりやすく有益な情報を提供できるように、セミナーへの参加や書籍のインプットを積極的に行ないます。
また、知識を個人に留めず、従業員同士で情報共有できる環境作りを行っております。

4)情報提供の充実と双方向の情報交換

当社の運営するメディアに届いたお問い合わせに対して、分かりやすさを重視し、丁寧に、真摯に回答しております。
また、メディア内の情報で過不足や誤りがあれば迅速に反映するようにしております。

 

令和3年8月10日
株式会社WACARU NET
代表取締役 鎌田大樹