Broad WiMAXの評判と全デメリット【損しないための契約手順も解説】

Broad WiMAXの速度が遅い!【原因と対処法を全て解説】

サル
サル
Broad WiMAXを使っているけれど、遅い気がするな

WiMAXの口コミを見ると「Broad WiMAXは遅い」というものを見かけます。

しかし、WiMAXはプロバイダによって速度は変わらないため、「Broad WiMAXだから遅い」ということはありません。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
Broad WiMAXでも、UQ WiMAXでも同じということです。
この記事で分かること
  • Broad WiMAXの回線速度について
  • WiMAXの速度でできること
  • WiMAXと他ポケットWi-Fiとの速度比較
  • Broad WiMAXの速度を契約前に試す2つの手段
  • Broad WiMAXの3種類の速度制限
  • Broad WiMAXが遅い原因と対処法

 

それでは、見ていきましょう。

Broad WiMAXだから速度が遅いわけではない(全プロバイダ同じ)

冒頭でも触れた通り、WiMAXというのはどこのプロバイダのものを利用していても、出る速度は同じです。それは、どこのプロバイダにおいても、利用している回線や端末は全く同一であるためです。

光回線における「プロバイダ」は、回線を繋ぐ業者のことを指し、プロバイダによって速度が異なることもあります。

一方、WiMAXにおける「プロバイダ」とは、単なる販売代理店のような意味合いとなります。

そのため、Broad WiMAXやUQ WiMAX、GMOとくとくBB…など、どこのプロバイダで利用していても、速度についての変化はありません。

サル
サル
じゃあ「Broad WiMAXが遅い!」って言う表現は間違っていたんだね!
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
うん。もし、利用環境によってBroad WiMAXが遅いと感じている人がいるのであれば、それはWiMAX自体が遅いということなんだ。

WiMAX本来の速度でできること

上で見た通り、WiMAXは、Broad WiMAXでも、その他プロバイダで契約しても速度に変化はありません。

しかし、利用する端末によっては最大速度が変わってきます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
現在提供されている中で最も高速が出るWiMAXの端末はモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」で、下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbpsとなっています。

速度の目安としては、YouTubeで4Kの高画質動画を視聴するために必要なのは「20〜25Mbps」とされています。

つまり、十分に速度が出ている状態であれば、WiMAXを利用して動画のスムーズな視聴や複数機器の同時接続も可能ということす。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ちなみにネットを使う際に快適な速度は以下を参考にしてみてください。
インターネットの用途 快適な通信速度
メール 1Mbps
LINEのメッセージ
WEBページ閲覧
LINEやツイッターで写真を送受信 3Mbps
YouTubeで動画視聴(480p以下)
スマートフォンのアプリゲーム 5Mbps
YouTubeで動画視聴(1080p)
LINEやツイッターで動画を送受信 10Mbps
4K動画の再生 20〜25Mbps
パソコンやPlaystation4などのオンラインゲーム 25Mbps

WiMAXの速度は遅い?他ポケットWi-Fiと比較

サル
サル
でも、ポケットWi-FiってWiMAX以外にもあるよね。他と比べて、WiMAXは速いのかな?

以下は、WiMAXと、それ以外のモバイルWiFiについての速度を比較した表です。

表内の全ての回線において「最大速度」というのはあくまで理論値であり、常にこの速度が出るわけではありません。

回線 WiMAX ワイモバイル ソフトバンク どんなときもWiFi MUGEN WiFi
下り最大速度 1.2Gbps 988Mbps 988Mbps 150Mbps 150Mbps
上り最大速度 75Mbps 46Mbps 46Mbps 50Mbps 50Mbps

表を見ると、ワイモバイルとソフトバンク、どんな時もWiFiとMUGEN WiFiがそれぞれ同じ最大速度になっていることがわかります。

これは、それぞれが同じ端末を利用してサービス提供していることによります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAX以外は、スマホと同じ電波を利用しているのに対して、WiMAXは独自の電波を利用してインターネットに接続しています。

下り・上り共にWiMAXが最も高速が出ることがわかります。

ちなみに、このWiMAXの下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbpsというのはモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」を有線接続し、ハイスピードプラスエリアモードで使用した場合の最大速度となります。

Broad WiMAXが遅いか心配!契約前に試せる2つの手段

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXを初めて契約する場合には、自宅や会社などで十分な速度が出るか不安なこともあるかと思います。そんな時には、WiMAXのお試し制度を利用しましょう。

WiMAXでは、以下の2つの方法で実際に手に取って速度などを試すことができます。

  • Broad WiMAXの初期解約制度で試す
  • UQWiMAXのTry WiMAXで試す

それぞれのお試し制度について紹介します。

Broad WiMAXの初期解約制度で試す

Broad WiMAXでは「初期解約制度」という制度を利用すると、無料で契約を解除することができます。

具体的には、端末を受け取った日から起算して8日以内に、Broadサポートセンターまで連絡をすることで、契約解除を行うことができます。

提供エリア内だけれど、自宅で使ってみたら思うように速度が出なかったという場合でも、8日間以内であれば違約金なども発生しないため安心して契約できます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
初期解約制度は、あくまで、使えると思って契約をしたものの、速度に不満があった場合の救済措置のような位置付けです。そのため、事前にエリア確認などはしっかり行いましょう。

UQWiMAXのTryWiMAXで試す

UQ WiMAXでは、Try WiMAXというサービスを利用することで、無料でWiMAXを試すことができます。

Try WiMAXとは、 15日間無料でWiMAXの端末を貸し出し、自宅で十分な速度が出るかどうか確認するためのサービスです。

サル
サル
Broad WiMAXの初期解約制度とは違って、試してもらうためのサービスなんだね。

Try WiMAXは、お試しのサービスであるため、速度に問題がなかった場合も貸し出された端末をそのまま利用するということはできず、一旦返却して契約する必要があります。

また、Try WiMAXにおいては、機種指定はできますが人気のものは在庫がない場合もあります。

そのため、必ずしも最新機種でWiMAXを試せるというわけではないことを覚えておきましょう。

 

Broad WiMAXが遅い時はまず確認!3種類の速度制限にかかっていないか

Broad WiMAXを利用していて速度が遅いと感じられる場合には、まずは速度制限にかかっていないかを確認しましょう。

通常プランの速度制限(月間7GB)

Broad WiMAXを通常プランで契約している場合、月に7GB以上利用すると速度制限がかかります。

ちなみに、7GBの通信量というのは、それぞれの用途で以下の時間を使用することができます。

用途 可能利用時間
一般的な動画 約14時間
LINEビデオ通話 約21時間
LINE音声通話 約231時間
サル
サル
ビデオ通話でも丸1日弱、使えるんだね。

月に7GB以上データ容量を消費した場合、速度は128kbps程度に制限されます。

制限の解除条件

月に7GB以上使ってしまった場合には、翌月の1日になると制限が解除されます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
翌月を待つほか、解除できる方法はないため、7GB以上の利用が続く場合にはギガ放題プランへの変更を検討してみてもいいかもしれません。

ギガ放題プランの速度制限(3日間に10BG)

ギガ放題プランでは、月間の通信量に制限はありませんが、3日間で10GB以上のデータ容量を使用した場合に、10GBに達した日の翌日18~2時において速度制限がかけられます。

用途 可能利用時間
一般的な動画 約20時間
LINEビデオ通話 約30時間
LINE音声通話 約330時間

3日間で10GB以上データ容量を消費した場合、速度は1Mbps程度に制限されます。

サル
サル
速度制限後も、1Mbpsは出るんだね。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
そう、そこが7GB超過後の速度制限との大きな違いだね。1Mbpsがあれば、Webページの閲覧や中画質以下の動画の再生であれば、スムーズにできるよ。

制限の解除条件

3日間で10GB以上データ容量を使ってしまった場合には、速度制限がかかるのは夕方から夜のみになります。

速度制限の次の日の深夜2時になれば解除されるため、その時間まで待ちましょう。

au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードの速度制限(月間7GB)

au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードを月に7GB以上使用した場合にも、速度制限がかかります。

au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードとは・・・
au 4G LTE回線を利用してインターネットに接続するモードのことです。WiMAXとLTE回線の両方の利用が可能なため、WiMAXの電波が届きにくい屋内や地下でもよく繋がり、電波が途切れにくいというメリットがあります。

なお、au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードは通常であれば月額1,005円がかかるオプションサービスですが、Broad WiMAXでは月額無料で利用することができます。

ただし、ギガ放題プランに加入していたとしても、au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードで月に7GB以上データ容量を消費した場合には、速度は128kbps程度に制限されることに注意が必要です。

制限の解除条件

au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使ってしまった場合は、翌月の1日になると制限が解除されます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
翌月を待つほか、解除できる方法はありません。せっかくギガ放題プランで利用していても、月末まで128kbpsの低速となってしまうため、au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードでのデータ容量の使い過ぎには気をつけましょう。

 

Broad WiMAXが遅いその他原因と対処法

サル
サル
速度制限にはかかっていないのに、速度が出ないよ。
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
速度制限以外にも、回線が遅くなる理由は色々考えられるんだ。

ここでは、Broad WiMAXが遅い時に考えられる原因と対処方法について紹介します。

遅い原因①ネットワークが混雑している

周囲にWiMAXの回線利用者が多かったり、夜間や土日などインターネットを利用する人が増える時間帯には回線が混雑することで、速度が低下することがあります。

サル
サル
確かに、朝やお昼は速いのに、夜になると遅くなることがあるな。

対処法

ネットワークの混雑の対処方法としては、膨大なデータ容量を要する、ゲームやビデオのインストールなどの利用は朝や平日の日中の混雑が少ない時間帯で行うことです。

遅い原因②エリアの対応状況が完全ではない

利用するエリアによっては、WiMAXの対応状況が完全ではないと、電波が不安定になりやすく、速度が遅く感じられることがあります。

対処法

対処方法としては、移動できる場合には対応範囲に移動してから利用することが挙げられます。

また、もし自宅が不完全な対応範囲にある場合には、WiMAXの回線提供元会社であるUQコミュニケーションズのHPエリア改善要望フォームにエリア拡大のリクエストを送付することができます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
必ず拡大と提供が約束されるわけではありませんが、要望と出してみるのは有効でしょう。

遅い原因③障害物が邪魔で電波が悪い

周囲に建物や壁、家具などの障害物がある場合には、それによって電波が遮られてしまい速度が低下することがあります。

対処法

対処方法としては、障害物が動かしやすいものであれば移動させることです。

障害物が壁や建物、家具など移動させることができないものであれば、電波の入りやすい窓際に移動したり、壁を隔てずに利用できる場所へ移動したりすることが挙げられます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ホームルーターを利用している場合は、設置場所を窓際や部屋の高い場所に変えてみるのもおすすめです。

遅い原因④WiMAXルーターと接続機器(スマホやPC)との距離が遠すぎる

WiMAXのルーターと、WiMAXに接続しているスマホやPCの距離が遠すぎると、電波が不安定になることがあります。

対処法

対処方法は、できる限りルーターと接続機器を近づけて使うことです。

また、先述の通り障害物を隔てることでも速度が低下するため、周りに余計なものを置かずに接続しましょう。

サル
サル
WiMAXが置いてある部屋に移動したら、ちゃんと繋がるようになったよ。

遅い原因⑤他機器と電波干渉してしまっている

電子レンジなど、特定の電波を発する電子機器と同時にWiMAXを利用すると、電波干渉を起こして速度が不安定になることがあります。

対処法

電波干渉の可能性がある場合には、WiMAXの周波数を切り替えることで改善する場合があります。

WiMAXでは、2.4GHZと5GHzの2つの周波数を利用して、インターネットに接続しています。

そして、電子レンジなどの家電で使われる周波数も2.4GHzです。

つまり、WiMAXで2.4GHzで利用している場合に、電波干渉が起こりえます。

もし2.4GHzで速度が遅いと感じた場合には、5GHzに切り替えて再度接続してみましょう。

遅い原因⑥WiMAXルーターが古くスペックが低い

WiMAXの古いタイプのルーターを利用している場合には、端末スペックが低いため速度が遅く感じられる場合があります。

古い端末は、それ自体の最大速度が小さいため、どれだけ良い環境で利用していてもあまり高速は期待できません。

対処法

古いルーターを利用している場合には、端末自体を新しいタイプのものと交換することで速度改善が期待されます。

Broad WiMAXでは端末無料で新規申し込みができるほか、以2年プランを20ケ月上もしくは3年プランを32ヶ月以上利用中であれば、端末代金の20,000円相当を無料で機種変更することができます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
WiMAXの利用開始から2〜3年というと、バッテリー持ちに不安が出てきたり、新しい端末が出てくる可能性があったりという時期です。このタイミングで、無料で端末を変えられるのは嬉しいですね。

遅い原因⑦ハイパフォーマンスモードになっていない

最後に、ハイパフォーマンスモードに設定されておらず速度が低下している場合もあります。

ハイパフォーマンスモードとは・・・

バッテリーを消費する代わりに、電波状況をよくするモードのことです。反対に、バッテリーの消費を抑える代わりに、電波状況は通常であるのはバッテリーセーブモードと呼ばれます。

対処法

バッテリーセーブスモードで利用していた場合には、ハイパフォーマンスモードに切り替えることで速度改善が見込まれます。

モードの切り替えは、モバイルルーターでは設定画面で、ホームルーターでは本体のボタンや設定ツールから行うことが可能です。